イキルラボ:サイトマップ
料理レシピ

【ビタントニオ・マイボトルブレンダーが神家電なワケ】ジュース&スムージーも簡単!ミル付 VBL-300 の使い心地が抜群すぎる

突然ですが、ワタシ、スムージーを手作りするのが好きでして。というのも、日常生活でこんな理想があったんですよね。

  • 美味しくてカラダにいい、手作りジュースを楽しみたい
  • おしゃれなスムージーをおうちでつくりたい
だけど、こんな壁にぶち当たり。

  • クレンズジュースやスロージューサー生活を始めたいけど、高くつきそう
  • かといって、ジューススタンドで買うと出費がかさむ
  • 家で手軽に作って飲めるならそれがいいんだけど・・・

こんな悩みにこたえてくれたのが、ワタシがほぼ毎日愛用しているビタントニオ・マイボトルブレンダー 『VBL-300』】。

 

ビタントニオで作ったスムージーをカップに入れてこんな風に持って歩いたりして。

外で飲み物を買ったら結構高くつくので、余計な出費を抑えるためにも手作りしているのが本音!

【ビタントニオ・マイボトルブレンダー】の使い方&使い心地のご紹介とあわせて、最近特にお気に入りの、『グアバ×ビーツ』のスムージーレシピミルを使ったコーヒーアレンジレシピも紹介します。

マイボトルブレンダーで、こんな風に生活が変わった!

  • 好きな野菜・フルーツで、オリジナルジュースを楽しめる
    節約しながら健康的に
  • ブレンダーボトルはそのままタンブラーとして持ち歩ける
    洗い物が減って健康管理も楽しくなった
  • ミルを使えば、自家製ふりかけ・ドレッシングもカンタン
  • 茶葉やコーヒー豆を挽いたり、ナッツを細かくするのもOK
    アイデア次第で料理の幅も広がる

 

ビタントニオ・マイボトルブレンダーとは:小型のミキサー&ミル(フードプロセッサー)

Vitantonio:ビタントニオ】は、おしゃれで使い心地抜群な家電を多く販売しているキッチンツールメーカーさん。スマートでシンプル・一見海外ブランドかな?と思いますが、1999年にうまれた日本の調理家電ブランド

なかでも、簡単に手作りジュースやスムージーをつくれる「マイボトルブレンダーシリーズ」が人気

ワタシが家で使っているのは、マイボトルブレンダーシリースの中でも、ミル付 の『VBL-300』

『VBL-300』が、楽天週間ランキング1位を獲得
ミキサー・フードプロセッサー>ミキサー部門
2019年2月20日(水)更新(集計日:2月11日~2月17日)
販売ショップ:楽天市場:roomy さん

 

ジュースを作るステップがとにかく簡単

 

  1. 材料を入れる
  2. セットしたボトルを手で押さえてミックス
  3. 飲む

 

・・・以上!シンプル設計がうれしいです。

特徴的なのは、「ボトルを手で押さえてミックスさせる」こと。

一般的なミキサーにあってマイボトルブレンダー『VBL-300』にないもの、それは「回転スイッチ」

ようは、スイッチを押して自動回転する機能がありません。ありませんというと一瞬デメリットに聞こえるかもしれませんが、ボトルを押している時だけ回転するから「回しすぎ」を起こさない、これがむしろメリット

スイッチを押してそのまま放置すると、空気と混ざりすぎてしまうことで酸化がすすんだり、ブレンダーの刃を回転しすぎると摩擦熱で栄養素や酵素が壊れやすいなんてことも。

せっかく生の野菜や果物を使って手作りするなら、フレッシュな美味しさを味わいたいもの。

ミックスジュースやスムージーを自分好みの滑らかさに「感覚的に仕上げることができる」。それが『VBL-300』を使う楽しさの1つ

大人になっても、楽しいものは楽しい!ウィーンと手作りしている時間がワクワク感を増幅させます(笑)

上から蓋をして使うミキサーと違って、ボトルやミル自体のキャップを密閉してからミキサー本体に裏返すようにセットするので、飛び散らないのも魅力

小さなお子様にお手伝いしてもらうときも、飛び散りや刃を触ってしまう危険が限りなく無い状態で使えるから安心

▶︎どうしても手を離して使いたい!という場合は、仕様はほぼ同じで「自動回転機能付き&40秒で回転を止めてくれる」進化版モデルもあります(ロック機能付き自動回転(40秒でストップ):マイボトルブレンダー ミル付 VBL-500

 

ミル付き『VBL-300』の魅力

ジュースやスムージーだけじゃない、ミルがあれば、いつもの暮らしにちょっとした工夫やアイデアがプラスされてとにかく楽しい!
 
 

ミルで自家製ふりかけドレッシング・離乳食づくりや、オリジナルプロテイン粉末もできちゃうコーヒーを挽くのもOK。付属のブレード(刃)を取り替えれば、いろんな使い方ができちゃう。

例えば鰹節やだしパックとゴマを合わせてふりかけにしてもいいし、ナッツ類を細かくするなどお菓子づくりにもつかえちゃう。

一式セットというのがうれしい、そしてなんといってもスタイリッシュでかっこいい。

 

標準セットのブレード&アタッチメント

ブレード(刃)の種類

ブレード(刃)は2種類標準セット(ジュース用ブレード・ミルブレード)

2枚の刃が組み合わさっている方が、より細かく粉砕するためのミルブレード。とはいえ、ジュースやスムージーも含めて、素材の硬さやミキシング度合いによって選んで使うイメージでOK。

 

用途に合わせてキャップもいろいろ

  • 左:保存キャップ × 2個
  • 真ん中:(上)ドリンクやスープなど大容量がつくれる「ブレンダーボトル」のアタッチメント、(下)ミル用アタッチメント
  • 右:ブレード2種を上から撮ったもの

ブレンダーボトル用アタッチメントをボトルに取り付ければ、作ったドリンクをそのまま「マイボトル」として外に持ち出すことが可能。蓋はしっかりと密閉性があるので、よっぽどのことがなければ中身が溢れることはありません。

一度だけ、飲んでいると隙間からじわりと液体が漏れているのに気づいたことがありました。

原因は、キャップの内側にあるパッキンを取り付けていなかったから!

パッキンつけるのを忘れてしまうとスクリューキャップとボトルの間に隙間ができちゃうので、洗った後など、パッキンをつけ忘れないように注意しましょう

 

さぁ、【ビタントニオ:マイボトルブレンダー】でどんなスムージーがつくれるのか、早速レシピをご紹介していきましょう。

 

【作り方】グアバとビーツのスムージー

とっても簡単なのに、「これ外で買ったら600〜700円する味だ!」というほど、美味しい。本当に。

[材料]:グアバジュース、ビーツ缶、以上。

こちらがワタシがおすすめしたいSUN SQUEEZEサンスクイーズカルディにも売っていますし、楽天市場などでネットからも買えます。

ベースジュースを選ぶポイント

  1. とろっと濃厚で、液体濃度をもったりさせたいスムージーにぴったり
  2. 「SUN SQUEEZE:サンスクイーズ」は、グアバのほかに、りんごとアロニアもブレンドされて甘さに奥行きアリ(アロニアは、健康に良いと注目されるフルーツの1つ)
  3. 100%ストレートジュースだから、香料や保存料の心配なし

 

すべての材料(野菜やフルーツ)を生で揃えられればもちろん良いんですが、無理に全部フレッシュなものを用意しようと意気込みすぎて作るのが面倒になるくらいなら、上手に「100%果汁のジュース」を取り入れるとラク

 

さてもう1つ大事な素材が、「ビーツ」。

食べる輸血」と言われるくらい、健康管理に一役買ってくれる野菜【ビーツ】。スーパーで生のビーツを見かけることは少ないかもしれません。そんなときは缶のビーツがおすすめ。

缶のビーツ、中身はどんな感じ?

パカっと開けると、ビーツがごろごろと17〜22個ほど入っています。

ビーツは根菜で、生の状態は硬い野菜缶詰めのビーツは、すでに茹でて柔らかくなっている状態です

缶詰のビーツを日常的に使うススメ

  • 茹でて皮むきされたビーツが入っているから、すぐにジュースにすることが出来てとっても便利
  • カット・スライスすれば、サラダの彩りにも
  • ミネストローネの具材にもおすすめ

 

缶詰めの中には、ビーツ果肉だけでなく茹で汁も一緒に入っています。(ひと缶あたり160ccほど)

ビーツの栄養素は水溶性なので、この缶詰の汁も一緒に使うと良いですね。

缶詰の汁も大活躍

  • スープに加えて使う
  • ワインビネガーに合わせて、鮮やかなマリネ液にも

 

[レシピ]:材料をビタントニオに入れてブレンダーにかけるだけ

一人分の分量はこんな感じ。

  • グアバジュース:120cc
  • ビーツ(缶詰):1玉
  • ビーツ缶の汁:30cc

専用のブレンダーボトルにすべての素材を入れましょう(ミル用の小さいボトルでも足ります)。

マシン本体にセットしたら、ボトルを上から抑えてミックスするだけ。

押し込んでいる時間だけミックスするので、混ざり具合を加減しやすいのが特徴です。

 

さぁ、30秒ほどミックスしたものがこちら!

できました!30秒でこのクオリティにありつけるのはうれしい♪

体調に合わせてグアバジュースの冷たさをコントロールすると、カラダには優しいですね。

たとえば、冷たいスムージーを飲みたいときはしっかりグアバジュースを冷やすけど、お腹を冷やしすぎないようにするためにはジュースを冷やしすぎない。

書くとすごく当たり前なんですけど、自分のカラダにちょっと気を遣ってあげるだけで、オリジナルスムージーを作る醍醐味をめちゃくちゃ味わえます

 

スムージーアートもたのしい!

これ、難しそうに見えるかもしれませんがまーったく難しくない。

さきほどのレシピで出来上がった「グアバ×ビーツのスムージー」に、上からゆっくりグアバジュースを注ぎます。

グラスのふちに溜まってるスムージーを楊枝やフォークでひょいっと伸ばすように描けば、こんな風に模様が浮かびます。

葉物野菜を混ぜても美味しい

お好みで、緑の野菜を入れればグリーンスムージーもできます。今回は飲みやすいように、さきほどの「グアバ×ビーツのスムージー」に葉物野菜を入れてみましょう。

作り方は、さきほどとまったく同じ材料に葉物野菜を追加しただけ。

ボトルに葉物野菜と、ジュースやビーツが入りました。

出来上がりがこちら!

緑の野菜が入ると、鮮やかな赤/ピンクからボルドーっぽくなりました。

味は、やっぱり葉物野菜が加わったので『苦味+青さ』がプラスされた感じ。青臭さを消したい場合は、すこしハチミツを入れてあげると和らぎます。

手作りグリーンスムージーもつくれちゃう。

市販の青汁をそのまま水で溶かして飲むと味気ないけど、ビタントニオに入れて生野菜&果物を混ぜれば、栄養素アップも簡単

 

マイボトルにもなるビタントニオ

 

専用のアタッチメントを取り付ければ、ブレンドしてそのまますぐに外に持ち歩けます。

ビタントニオ・マイボトルブレンダーは、中のパッキンがしっかりとハマるなぁという印象で、蓋の密閉度が高く使っていて心地がいい!

朝の忙しい時間に、洗い物が増えないのがとっても楽!

いつもジュースやスムージーをつくって持って出るのですが、朝の忙しい時間、ジュースを作るときに使ったブレンダーボトルがそのままマイボトルにも早変わりするのが最高です。

朝支度は1分1秒でも多く欲しいですよね、そんなときに『洗い物が増えない』ことだけでもかなり助かります。

持っていくだけでなく、保存キャップを取り付ければそのまま冷蔵庫にしまっておけるのも魅力。

 

お気に入りのカップで、オリジナルスムージー

よく見るとこのカップ、おもいっきりBEER TO GOって書いてある・・・けどカップがおしゃれで気に入ってるので気にせず使う!

こんな風に、お気に入りのプラカップに注げばまるでジューススタンドで買ったドリンクみたい。

 

毎日の生活のなかに、無理なく『手作りジュース・手作り青汁・スムージー』が馴染んでいくのが面白くて、また朝早く起きるのも楽しみになっちゃいました。

明日は何を作って飲もうかな〜♪

 

 

そうそう今回紹介した「ビーツ」って、ジュースだけじゃなくていろんな楽しみ方があってとっても面白い野菜。

ビーツ缶が余ったら、ぜひこんな楽しみ方もおすすめ。

▶︎参考:LIVING HEALTY
【ビーツを使った簡単レシピ・下ごしらえや食べ方をご紹介】別名『食べる輸血』、ジュースに料理に大変身の優秀野菜なんです

 

【炒めるサラダレシピ】レタスとベーコンと焼き野菜のバルサミコ酢サラダ【レタスは炒めるともっと美味しい!】しかも、レタスに含まれるビタミンEは油に溶けやすく、加熱調理をしても栄養素が逃げにくいんです。焼き野菜を合わせて、レタスの栄養素が溶け出した”旨味”をしっかり吸収してくれるレシピに仕上げました。ベーコンの香ばしさ、バルサミコとグレープフルーツの酸味がさっぱり。...
ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 週半分はオフィスワーカー/もう半分はwebライター&フードディレクターとして活動中。 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆外部サイト[LIVING HEALTHY] ▶︎https://www.slowjuicer-livinghealthy.com/