お野菜のレシピ

【我が家の人気No.1:ごちそう玉ねぎロースト】劇的に甘くジューシに!簡単大量消費レシピ

玉ねぎがおうちに有り余って困ってる、玉ねぎのレシピがマンネリ化してる…、そんなときに試して欲しいのが【ごちそう玉ねぎロースト】。

玉ねぎって、料理の「材料」になりがちじゃありませんか?

名脇役から、ひとたび ”主役” に押し上げるレシピ、さっそく作っていきましょう!

といっても、めちゃくちゃ簡単。

いまからわざわざ何かを買い足しに行かなくても、家にあるもので出来ちゃいますから。

【作り方はたった3ステップ】切る・チン・焼く

  1. 玉ねぎをカットしラップにくるんで、しんなりするまで、500Wで2分ほどチン
    ★かなり熱くなるので、ラップから玉ねぎを取り出すときはやけどに気をつけて

  2. スキレット(なければフライパン)にオイルと醤油をしいて、カット面に焼き目をつける

  3. 香ばしく焼き上がったらお皿に乗せ、仕上げのオイルと黒胡椒をふって完成

簡単すぎでは?


簡単なのに、驚くほど甘くて美味しい。

見た目が結構、オシャレっぽいでしょう?

でも、さっきの3ステップだけで仕上げただけなんです。

盛るときのコツは、「玉ねぎを主役にしたメイン料理!」とわかるよう、ドンと玉ねぎを置いてシンプルに盛り付けることくらい。

オリーブオイルを玉ねぎのまわりにたらりと回しかけるのもいいし、写真のようにポツポツと垂らすのもリズムが出てかわいい。

醤油をバルサミコに替えても最高、ワインのアテにぴったり。

おすすめは、スキレットやSTAUBなど、『鋳物』で焼く。

焼き目が香ばしくつくし、不思議と焼き目の仕上がりが「かっこいい」(すごい体感的な感想…)。

フライパンでももちろん焼けますのでそこはご心配なく。

ほっくりした仕上がりがお好みの場合は、レンジアップした玉ねぎをスライパンなどに置いた後、蓋をして少し蒸らすように焼くといい。

レンジした段階でかなりしんなりしているのですが、もし「一層やわらか〜く仕上げたい」場合にはお試しあれ。


▼皮付きのままチンしてもok、スチーム効果up

皮が気にならない場合は、ぜひ、皮付きのままラップにくるんでチンしてみてください。

皮にも栄養が含まれる玉ねぎ。

栄養素を生かしつつ、皮が保湿効果を高めてくれるので、ラップのなかの玉ねぎが甘ーくジューシーに蒸されます。

おうちに、バーナーなんて….あったりします?

もしもバーナーがあるよ!という場合は、皮付きのままレンジアップしたあと、皮面を炙ると香ばしさアップ。

これはちょっとしたアレンジテクですが、たった3ステップで十分おいしい玉ねぎのローストができますので、試してみてくださいね。

ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 週半分はオフィスワーカー/もう半分はwebライター&フードディレクターとして活動中。 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修
LOHACOなら、人気商品をお得にお買い物♪

無印良品・KALDI・成城石井・DEAN&DELUCA・久世福商店をはじめ、人気のブランドが勢揃い!食品別・カテゴリ別に食料品検索できるほか、生鮮食材・調味料・お菓子・飲み物など充実。

ファッションブランド・コスメ・ドラッグストア・ペットフード・インテリアもLOHACOなら一緒に探せます。

LOHACOのセールを見る