イキルラボ
タベル・アソブ

【コーヒーハウスニシヤ 】 星野源さんファンにも愛される名店:コーヒーとプリンと、粋なマスターに出会う

東京・渋谷に、1つのゲキ渋コーヒーハウスがあります。

その名も【コーヒーハウス ニシヤ】さん。

近年カフェの進化は止まらないけれど、ここニシヤはコーヒーが美味しいのはもちろん、人間味あふれるムードが何よりも魅力的

思わず見とれてしまう人気メニューの「カクテル」や「プリン」たち。

いつも笑顔あふれる、店内の穏やかな空気感。

渋谷にいながら喧騒を離れて落ち着きたいのなら、ここにくれば間違いなし。

 

コーヒーハウス ニシヤ:COFFEE HOUSE NISHIYA

 

. 雑誌「AERA」にて2016年4月から2017年3月まで続いた星野源さんの対談連載「音楽の話をしよう」を1冊にまとめたムック「星野源 音楽の話をしよう」が先日発売されました。 光栄にも第一回目の対談場所にニシヤを使用してくださいました。そしてこのご縁は多くの星野源さんファンとニシヤを出会わせてくれました。 ネットでコーヒーハウスニシヤを検索すると、『星野源』が上位に出てくるまでに。きっかけや来店動機は何でもよくて、大切なのは次に繋がる関係をその一回で作れるかどうか。 星野源さんファンの方は皆さんとてもマナーがあって、我々にも他のお客さまにもお気を使ってくださいます。あまりにもマナーが良く、その理由を聞くと食い気味でこの答えが返ってきました。 「源さんのファンですから、当然です。」 アーティストの偉大さを感じました。今後とも良い関係を、よろしくお願いいたします。 皆さま、良い休日を! #coffeehousenishiya #コーヒーハウスニシヤ

COFFEEHOUSE NISHIYAさん(@coffeehousenishiya)がシェアした投稿 –

COFFEE HOUSE NISHIYA:#coffee #coffeehouse #nishiya

星野源さんファンも聖地とする、ニシヤへの行き方

渋谷駅からゆっくり歩いて15〜20分。

首都高速3号線裏、実践女子学園のほど近く。

渋谷駅を挟んで代官山・恵比寿エリア側にあります。

賑やかすぎず、それでいて程よく車通りも人通りもあって、なんか、”ちょうど良い”。

 

レトロな渋さと、今っぽいおしゃれな人たちの共存空間

ヨーロッパ旅行に行った時に入ったカフェを思い出すような、レトロな雰囲気が漂うお店です。

道に面したテラス席、ゆったり過ごせる店内。

そして”お客様やご近所のみなさんをいつでも見守ってくれている”、そんな優しさと安心感が漂うカウンター。

渋くてかっこいいオーナーと、素敵なスタッフさん。

 

. 日本全国コーヒーハウスニシヤファンのお客さま、またそうでなくともご来店いただいたお客さま、今年も一年大変お世話になりました。 今年一年を振り返り、漢字一字で表すと迷わず『疲』という漢字を選びます。一見疲れという表現はネガティヴに思われるかもしれませんが、私たちにとってはポジティブな意味でとても幸せなことなんです。 一年を通して疲れるまで働かせていただき、疲れるまでお客さまにご来店をいただきました。疲れの数はお客さまとの出会いの数を表しています。なので私たちは疲れることで喜びを感じ、明日もまた疲れるまで働こうって思うんです。今日はどんな出会いがあるかなぁって、沢山の期待と少しの不安をバランスよく持って毎日お店に立っています。 今年もあと数時間で終わり、新しい年が私たちを迎えてくれます。残りの2017年、皆さまにとって有意義な時間となりますように。 また来年も変わらずか、それ以上のお付き合いをよろしくお願いいたします。 #coffeehousenishiya #コーヒーハウスニシヤ

COFFEEHOUSE NISHIYAさん(@coffeehousenishiya)がシェアした投稿 –

しっとりした気分に浸りたい時も、楽しくお話ししたい時も、いつでも迎えてくれる、そんなカフェ。

 

 

. おはようございます。 お休みも早三日目、忘年会後にお風呂のドアで眉間を切った西谷です。 長らく眠っていた個人のアカウントを再開させることにしました。コーヒーハウスニシヤはお店のインフォメーションを、個人的な投稿はこちらで 。@kyoheinishiya 変な表現だけど、西谷は知らないけどニシヤは知ってるって人が多くなってきたなぁと。そこで個人的な感情や余計な投稿はニシヤには不要だと思い、来年からは分けて投稿しようと思います。 不定期投稿となりますが、お付き合いどうぞよろしくです。 #coffeehousenishiya #コーヒーハウスニシヤ

COFFEEHOUSE NISHIYAさん(@coffeehousenishiya)がシェアした投稿 –

いつもかっこいいオーナー。おしゃれでお茶目。

 

ニシヤのプリン

 

 

. おはようございます。 今日明日と連休をいただいておりますので、お間違いのないようにお気をつけください。 日を追うごとにプリン熱が高まっているコーヒーハウスニシヤ、営業中何度も「今日はまだプリンありますか?」という内容のお電話をいただいているのですが、毎日50個前後のご用意をしております。こういうご案内は大変心苦しいのですが、平日は夕方過ぎ、週末は15時前には完売をしているのが現状です。 カフェタイムにプリンが無いというのは大変申し訳ないのですが、これ以上ご用意することは様々な理由から難しくなっております。 プリンが無くお帰りになるお客さまも沢山いらっしゃいますが、余計な一言を、コーヒーハウスニシヤはプリン以外にもお楽しみいただける要素が沢山あります。コーヒー、お食事、音楽、空間、景色、そして人。プリンが無く残念に思うのではなく、それなら!と違う楽しみを私たちと一緒に探してみてはいかがでしょうか。 photo by @sscmot #coffeehousenishiya #コーヒーハウスニシヤ

COFFEEHOUSE NISHIYAさん(@coffeehousenishiya)がシェアした投稿 –

大人気のプリン。

エスプレッソ・コーヒーメニューはもちろんのこと、ケーキやプリンなどのスイーツメニューも人気。

はぁ、ため息の出る美しさ。

目にも美味しいって、すごく良い。

最近流行りの「映え」ってなんだかネガティブワードに受け取られがちだけど、自分にとっての「映え=感性に響いてくる」って、結構大事だなーって思うんです。

 

お店に入った瞬間に、リラックスムードがいっぱい

 

 

. 10月1日渋谷はど快晴どす。テラス絶好調どす。 まだコーヒーハウスニシヤをご利用いただいてないお客さまへ。 初めて利用するお店ってドキドキしますよね。どこで注文?支払いは先?後?ん?セルフ?ニシヤって何? コーヒーハウスニシヤはコーヒースタンドではなく、フルサービスをするカフェです。先ずはお席についてください。状況によってこちらがお席をご指定するときがありますが、基本はお好きなように。それから私たちがメニューをお持ちして、ご注文を伺います。お支払いもお帰りの際になりますので、焦らず。テラスのお客さまでご自分で下げてくださる方もいますが、どうかそのままで。 エスプレッソ発祥の地、イタリアのバールも使い方が全くわからないんですよ。基本ドアが開いてるから入っても頭ん中??だらけで必要以上にキョロキョロして、冷静を装って。恥ずかちぃ〜って…使い方がわかるとすっごい快適で生活に欠かせない場所になるんですけどね。 ニシヤはご安心ください。全て私たちがご案内しますし、わからないことは何でも聞いてください。プライベートな質問以外は全てお答えします!笑 皆さま、本日も良い休日をお過ごしください!

COFFEEHOUSE NISHIYAさん(@coffeehousenishiya)がシェアした投稿 –

サービス精神に溢れていることが伝わるこちらの投稿。

なんて素敵なのでしょう。

外観やメニューがフォトジェニック・おしゃれといったものが増えている昨今。

もちろん、目で楽しむことも1つの表現力やサービスと考えると素晴らしいことではあるけれど、

それだけに留まることなく、訪れたお客様のキモチまでアテンドしてくれる。

そんなカフェだからこそ、ニシヤには人が集います。

通りがかるとみんなリラックスした印象なんですよね。

 

 

 

. 12月お休みと営業時間変更のお知らせ ・お休み 5日(火) 12日(火) 13日(水) 19日(火) 27〜31日 年内最終営業は26日(火)になります。 ・営業時間 月〜金 10:00〜19:30(L.O19:00) 土日祝 10:00〜18:30(L.O18:00) とさせていただきます。 アイリッシュコーヒーがより一層美味しく感じる季節になりましたね。ニシヤでは午前中からご注文が入り、週末になるとどこかのテーブルに必ず起立している一杯。 バーテンダーがお客さまの身体を温めるために考案した優しさ溢れる奥深い品。アイリッシュコーヒーデビューはぜひニシヤで! photo by @sscmot #coffeehousenishiya #コーヒーハウスニシヤ

COFFEEHOUSE NISHIYAさん(@coffeehousenishiya)がシェアした投稿 –

お酒メニューもどっしりしっかりと。

 

お店に入ったその瞬間、体に感じる空気感がふわっと変わる。

集うみなさんの優しさが漂うカフェです。

ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 webライターとして活動中。 料理レシピ開発やケータリングも得意分野 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆おうちごはん・料理レシピやフードレポート・ワークライフバランスについてコラムも執筆