タベル・アソブ

【おすすめクラフトビール:ビアフライトで料理のペアリング】代官山・SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

暑い夏にはビールがグビっと飲みたくなる、いつも手にする近所の缶ビールも美味しいけれど、たまには変えてみるのも悪くない。

東京都・代官山ログロード、「その場でつくられたクラフトビールが楽しめる」、なんともおしゃれでワクワク感満載のビア工場&レストラン【SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

オリジナルクラフトビールの飲み比べ『ビアフライト』で、ビールの夏旅を楽しもう!

 

SPRING VALLEY BREWERY TOKYO 

ビア・フライト」というスタイルで、クラフトビールの飲み比べを気軽に楽しめるお店 [SPRING VALLEY BREWERY TOKYO]

昨今のクラフトビールブームもあって、連日大盛況のこのお店。

モーニング・ランチタイム・ディナータイムと、1日を通して、美味しいフードも充実しているのが魅力。

このお店があるのは【代官山ログロード】の一角。ここは朝からご近所さんのお散歩コースになっていることも多く、朝からワンちゃんを連れた方とよくすれ違います。ゆっくり朝食やブランチを楽しんだり、ランチタイムからビールを楽しんでいる様子はとっても楽しそう!

 

ビアフライトで6種類のビールを楽しもう!

クラフトビールといってもその味わいは様々。

ここ[SPRING VALLEY BREWERY TOKYO]、ビアフライトでは6種のクラフトビールを飲み比べすることができます。

ビアフライトの6種をご紹介

  1. 496(ヨンキューロク)
  2. COPELAND(コープランド)
  3. Afterdark(アフターダーク)
  4. on the cloud(オンザクラウド)
  5. Daydream(デイドリーム)
  6. JAZZBERRY(ジャズベリー)

 

496(ヨンキューロク)

ビールの無限の可能性を追求した、既存のどのビアスタイルにも属さない、スプリングバレーブルワリーのフラッグシップビール。究極のバランスで、強い個性と飲みやすさを両立。エールのような豊潤さとラガー(低温熟成ビール)のようなキレ、IPAのように濃密なホップ感。甘味・酸味・苦味の究極のバランスと深い余韻が楽しめます。
<造り手> 蒲生 徹(Toru Gamo)

参考引用:[SPRING VALLEY BREWERY TOKYO]

なんといってもこの496は外せない。フラグシップビールというだけあって、お店の顔として大人気の銘柄です。

飲み口は、キレが爽やかなラガーの良さを想像させるけれど、それでいて ”たださらっと喉に流れ落ちるだけじゃない” しっかりした旨味がある。日本で飲む「とりあえず生!」のビールはキンと冷やして美味いラガーがずっと台頭してきたから、そのノリでこの496を飲むと『わ!』っとびっくりすると思う。もちろんとりあえず一杯にぴったりなんだけど、香りの華やかさとコクに面食らう!

 

COPELAND(コープランド)

W. コープランド(※)の名を冠した、新次元のピルスナー。一杯目にはもちろん、他のビールを楽しんだ後にもまた無性に飲みたくなる「立ち返る場所」となるビール。麦芽の旨味と甘味、アロマホップの上質な香りと苦味が複雑に調和した味わいです。
(※)日本のビール産業の祖、スプリングバレーブルワリーの創設者
<造り手> 鎌田 敏裕(Toshihiro Kamada)

参考引用:[SPRING VALLEY BREWERY TOKYO]

こちらは私が1番大好きなビール。ビアフライトした後に、またしっかり1パイントで頼む。・・・オフィシャルにも『立ち返る場所』と書かれていて、おぉ感想が一致している!と無性にグッときちゃう。決して奇をてらったようなではないけれど、優等生スタイルが落ち着く一杯キーホップは「Czech Saaz:チェコ・ザーツ」、チェコ産のホップを使用、酵母を取り除いていない無濾過のビール。苦味と酸味がしっかり伝わってきます。   

Afterdark(アフターダーク)

スプリングバレーブルワリーが切り開く、これまでの黒ビールとは一線を画す異次元の濃色ビール。ロースト感や渋みを抑え、柔らかな甘味と上質な苦味を引き出すことで、味のふくよかさと飲みやすさを兼ね備えました。質の良い苦味と豊かな味わいが、食事の味をさらに引き立てます。
<造り手> 森本 宗徳(Munenori Morimoto)

参考引用:[SPRING VALLEY BREWERY TOKYO]

「外皮を取り除いた特殊な麦芽を、独自の方法で使用」とのこと。まぁとにかくビター!スタウト好きにはたまりません。でもただ苦いっていう訳でもなくて、カカオのような上品な香りが鼻に抜けていきます。食事と合わせるならお肉のステーキ系もいいし、デザイート(特にチョコ系メニュー)に合わせるととっても相性が良い。   

 

on the cloud(オンザクラウド)

スプリングバレーブルワリーが提唱するこれからの時代のためのスタンダード。大麦に加え、小麦を使うことで醸し出される柔らかさと、ネルソンソーヴィンホップと上面発酵による白ワインのようなフルーティーな香りが楽しめます。誰でも気軽に楽しめる、爽やかな味わいと、華やかでみずみずしい香りが明るい気持ちにしてくれます。
<造り手> 羽場 清人(Kiyoto Haba)

参考引用:[SPRING VALLEY BREWERY TOKYO]

とっても軽やかな口当たりのオンザクラウド。女性に好まれやすいビールだと思います。コク深いエール系が好きな人には・・・物足りないかも?個人的には、前菜と合わせるようなスタートビールの位置付けです。   

Daydream(デイドリーム)

日本に馴染み深いゆずや山椒などユニークな和素材を使った”ジャパニーズホワイト”。スプリングバレーブルワリーの醸造家が、夢に描いてきた理想のホワイトビールを実現するため、型にとらわれずに新しい素材を使うことに挑みました。個性的な香りと繊細さが魅力の味わいは、和食に合わせても楽しめます。( ※日本の酒税法上の区分では発泡酒 )
<造り手> 妻鳥 奈津子(Natsuko Tsumadori)

参考引用:[SPRING VALLEY BREWERY TOKYO]

 

飲んでびっくり!スパイシー!柑橘系が香るクラフトビール『ブルームーン』がアメリカの代表格なら、日本の代表格はこれか!ゆずの上品な香りと、ピリッとくる山椒が面白い。このお店のメニュー「白身魚の燻製カルパッチョ」と合わせてみたらまぁ合うこと合うこと。

JAZZBERRY(ジャズベリー)

スプリングバレーブルワリーの醸造家の自由な発想と遊び心、そしてそれを支える技術によって生み出されたフルーツビールタイプ。 ラズベリー果汁を加えて醸造した爽やかな飲み口と、華やかなルビー色の液色が特徴。フルーティーなホップ香とほのかなラズベリーの香りの調和した個性的な味わいで、肉やシーフードなど食事にも合います。(※日本の酒税法上の区分では発泡酒)
<造り手> 古川 淳一(Junichi Furukawa)

参考引用:[SPRING VALLEY BREWERY TOKYO]

私は苦手でした!(笑)ただ、これまでフルーツビールを数々飲んだ中ではとっても風味が華やかなタイプ。甘みが強すぎてビールっていうよりもジュース!みたいなものに比べれば、とっても美味しいビールだと思います。喉越しを求めるビールというよりも、『口の中で料理のソースになる』イメージで飲むと良いかも

たまたま、パリのLADUREE(ラデュレ)で買ってきた「スミレの砂糖漬け」を持っていたので・・・・一粒チャポン・・・。

あ、美味しい。。完全にデザートビールだ〜

【シャルルドゴール空港で買うべきお土産】パリ限定・ラデュレ『すみれの砂糖漬け』:マカロンでおなじみのLADUREE グッズをご紹介日本でも大人気、スイーツブランド【LADUREE:ラデュレ】 マカロンの代名詞とも言える、可愛くておしゃれなお店。 【LADUREE...

カウンターのタップを確認して、その日飲めるビールをチェック

お店のカウンターには、常時15〜20種のタップがずらり。シーズンによっても日によっても飲めるビールの種類が変わってくるので、ホームページから当日のラインナップを調べていくのもおすすめ。

ON TAP TODAY

 

ビアタンクを横目に優雅なお食事を

Farm to Tableの精神で、農家や生産者からの直送をメインに新鮮な旬の食材を使用。

前菜からデザートまで SPRING VALLEY BREWERYのビールとのペアリングをとことん追求しました。

ここはとにかくお食事が美味しい。こちらが鯛の燻製カルパッチョなのですが、ここにきたら絶対に食べて欲しいメニューの1つ。

お店の推しメニューはステーキ系のようなので、もちろんステーキも食べてください(笑)

 

ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 webライターとして活動中 料理レシピ開発やケータリングも得意分野 ・ikiru LAB.運営、編集 ・webサイトディレクション ・ケータリング事業コンサルタント 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆webマガジンなど複数のサイトを運営中 ▼おうちごはん・ケータリング経験を活かした料理レシピやフードレポートを中心に、フリーランスで活動するためのワークライフバランスについてコラムも執筆しています