イキルラボ:サイトマップ
パリ

【シャルルドゴール空港で買うべきお土産】パリ限定・ラデュレ『すみれの砂糖漬け』:マカロンでおなじみのLADUREE グッズをご紹介

 

日本でも大人気、スイーツブランド【LADUREE:ラデュレ

【LADUREE】はお菓子だけでなく、コスメや雑貨までもを展開し、女の子のハートを掴むアイテムをたくさん届けてくれています。

今回は、パリ・シャルルドゴール空港内店舗をご案内します。

フランスでしか買えない限定スイーツ』もご紹介しますよ。

パリ旅行に行く方はぜひ参考に、パリ旅行に行く方が知り合いにいたら「おねだりリスト」の参考にしてみてください♪

【JALグローバルクラブ会員10年目が断言】[搭乗区間マイル+クレジット決済]だけでためるより、JALもANAもマイルが爆速にたまる方法【JALグローバルクラブ会員・マイレージバンク会員10年目のワタシが言い切る】:[JALカードの支払いでためるショッピングマイル+搭乗区間マイル]でコツコツ貯めるよりも、爆速でマイルをためる方法があるんです。しかも、『飛行機に乗らなくてもたまる!・日々の買い物や飲食でたまる!』上手にマイルをためて、空を飛ぼう!...

 

シャルルドゴール空港&免税店エリアをチェック

今回おすすめするのは、パリから日本への帰国時

シャルルドゴール空港は、免税店エリアが充実しています。

出発準備が迫るなか、もっとじっくり見ていたい!と思ってしまうほど、お店やアイテムの豊富さ&おしゃれなデザインに目移りしてしまうこと間違いなし。

 

先日は16時台の出国だというのに、お昼には到着できるようにタクシーで空港へ向かいました。それでも全然足りなかったくらい。

シャルルドゴールは、【2A】からアルファベットエリア分けされており、アルファベットで位置を確認します。
ちなみに、今回ワタシが利用した第2ターミナルは、AF(エールフランス)の全便・JAL(日本航空)などが離発着するターミナル

今回ご紹介するラデュレは、日本へ離発着している【2E】に位置しているのでとっても便利。

ラデュレの他にもたくさんのショップが立ち並ぶ 免税店エリア(Duty Free) の大きさはかなりのもの。

ワタシは、シャルルドゴール空港からエールフランスでロンドン・ヒースローへ向かうところでしたので、こちらの第2ターミナルを利用しました。

とても大きな空港&ターミナルですので、ご利用航空会社をよく確認して移動されることをおすすめします。

 

ラデュレのマカロンツリーがお出迎え!可愛くて入らずにはいられない

可愛い店舗に思わずうっとり。こちらは空港【2E】エリア店の外観。サロンではなく、お土産品を売っているギフトアイテム専門店。

空港内の各エリア店舗一覧は本記事の後半でご紹介しております。

 

セキュリティチェック後だからこそ、安心してマカロンをお土産に

窓際の大きなマカロンツリーで迎えてくれる、”スイーツ&雑貨”をメインに扱ったこちらの店舗。パネルも空港らしくて可愛い

空港の出国ロビー店だから、手荷物にしやすい&お土産にぴったりのグッズがずらり

セキュリティーチェックは完了しているので、ここであれば「検査に引っかかったらどうしよう」なんて心配もせずにお買い物を楽しむことができます。

 

日本未入荷:「すみれの砂糖漬け」で優雅な気分

 

レジ近くに置かれたこの袋入りのスイーツを見つけて思わずきゅんっ

CRYSTALLIZED VIOLETS

・・・【クリスタルバイオレット

すぐ手にとってお土産に追加!

こちらは日本では未入荷のアイテムで、日本のラデュレでは買うことが出来ない ”フランスに来たからこそ” 買うことのできる限定スイーツ

正体はお花の「すみれ」、そうバイオレット=「すみれ」を使った砂糖菓子です。

まるで宝石のようにキラキラとしたこんな素敵なお菓子があるなんて〜。クリスタルの名にふさわしいビジュアル。

シャンパンや紅茶などに浮かべれば、すみれの紫色が溶け出して幻想的です。

 

紅茶に入れて楽しむ

ティーポットへ茶葉と一緒にすみれを入れ、お湯を注いで蒸らしましょう。

しばらくすると、すみれがまとっていた砂糖が溶け出して、花びらがふんわり広がっていきます。

甘みと香りが移って、なんとも優雅な紅茶に♪

色と香りを楽しむおしゃれなスイーツ、”パリ限定”なので訪れた際にはぜひチェック。

 

 

空港だからこそ、免税価格でお土産を

レジでもいたるところがおしゃれなラデュレさん、さすがです。

空港内のデュティー フリーエリアの嬉しいポイントといえば、「免税価格」。

たくさんのお土産を予定している方にとっては、少しでもお安くお買い物できたら嬉しいものですよね。

  • マカロンなどの食品:5.5%の軽減税率となっているため、ほんのちょっと得
  • 雑貨アイテム:通常20%の税金がかかっているので、空港で免税価格で買うとかなりのお得感

 

【実食!シャルルドゴール空港、おすすめしたいチョコのお土産TOP3】フランス・パリで選ぶ、喜ばれるお菓子とは自分用にもプレゼント用にもオススメしたい、パリ土産の定番『チョコレート』をご紹介!大人気ショコラの名店「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」から、オススメのショコラをピックアップ。日本でもおなじみの「フォーション」からは、パリ限定ボックスをご紹介。...

 

旅行客に慣れているためか、そして日本へ出発する便のターミナルだからか、シャルルドゴール店のスタッフさんも日本人に慣れています。空港の免税店でお買い物をするときは必ず航空券を提示する必要がありますが、レジのお兄さんが「リョケン リョケン♪」と日本語で伝えてくれる姿をみてほっこり。

 

日本で手軽にラデュレスイーツを味わうなら、わたしのおすすめはこの【マカロンが飾られたアイスクリームソルベ:高島屋限定フレーバー入り】

 

マカロンって、機内に持ち込めるの?

空港の中(保安検査を通過した後)のお店で買った物であれば機内への持ち込みも大丈夫、安心してください。

ただ、市内(空港の外)で買ったマカロンやエクレアなどのスイーツを持ち込むときには特に要注意

「クリーム・液体」扱いになるので、”手荷物”として機内に持ち込むことができません

市内観光で、パリのおしゃれなスイーツを買ってさぁ帰国!と空港に向かったのに、手荷物にしたスイーツを「はい、ここで捨ててください」なんて言われたら・・・泣いても泣いても立ち直れない〜。

もしどうしても持って帰りたいときは、『空港外で買ったスイーツ(クリームなど液体に該当しそうなもの)は、スーツケースに入れること』!

マカロン程度のクリームであれば、正直空港の外で買った物でも保安検査で何か言われないレベルですが、心配性の方はキャリーケースに突っ込んでおいた方が無難です。

ジップロックに入れてスーツケースに入れておけばだいたいは持って帰ることができます。

セキュリティチェックを抜けるその前に、手荷物にしているスイーツはスーツケースに入れましょう。

お次は、『外で買ったエクレアを保安検査に持って行った時の話』・・・

【パリ土産の定番:MAILLE(マイユ)の出来立てマスタード】量り売りも日本に持ち帰りOK!友達に配るなら、数種のアソートもおすすめ!【パリ本店に行ったなら、出来立てマスタードをサーバーから量り売りでGET!】:日本でも有名な定番マスタード[MAILLE]。せっかくパリに行ったらなら、マドレーヌ寺院のお散歩ついでにブティックへ。オリジナルの「ワインビネガー」・「ピクルス」をはじめ、おしゃれなお土産が見つかります。 ...

1 2
ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 週半分はオフィスワーカー/もう半分はwebライター&フードディレクターとして活動中。 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆外部サイト[LIVING HEALTHY] ▶︎https://www.slowjuicer-livinghealthy.com/