イキルラボ
パリ

【美味しいチョコレート】パリ・シャルルドゴール空港で買った、人気ショコラ&スイーツ土産

フランス・シャルルドゴール空港では、免税店でのお買い物が楽しみのひとつ。

今回は、人気のお土産「名店のショコラ&スイーツ」に注目。

お取り寄せもご紹介していますので、日本でも本場パリの味を堪能できちゃいますよ。

贈り物に&自分へのご褒美に、幸せいっぱいのチョコレートを!

 

ラ・メゾン・デュ・ショコラ

1977年にローベル・ランクスによって誕生した【ラ・メゾン・デュ・ショコラ

お店を目の前にすると、高級ファッションブティックやジュエリーショップさながら、美しいショコラが並びます。

創始者ランクスは、ガナッシュの魔術師とよばれるほどだそうで。

シャルルドゴール空港でも何店舗か出店されているのですが、ワタシはロンドンへ向かうためエールフランスで乗る前に空港1番奥の店舗にパパっと立ち寄りました。

空港店でありながらも、とってもとっても綺麗なお店!ちなみに空港もとても綺麗。

かっこいい空港ですよね〜。

定番ショコラボックス以外にも、こんなスイーツもありましたよ。

繊細なショコラにうっとりしていたら、アート作品のようなマカロンや豪快なショコラがあることにもビックリ。お土産に購入したなかでは、オレンジピールのショコラがワタシのお気に入り。

 

ギフトボックスは、あのエルメスと同じ製造工場から

ほろにがのダークチョコレートの苦味と、オレンジピールの違ったベクトルの苦味のバランスが最高

コーヒーやエスプレッソとの相性はもちろん、紅茶やシャンパンとも非常に相性バツグン。

ギフトボックス・ラッピングがとてもおしゃれ。
深みのある上品なイエローボックスは、ひとたび手にするだけで幸せな気持ちになります。

なんと、ラ・メゾン・デュ・ショコラのショコラボックス、エルメスの箱と同じ工場で製造されているのです。

オトナっぽいお相手にプレゼントするときにもぴったり。

食べ終わったあとも、小物入れに使えるくらいしっかりした素材で出来ています。誰かに贈り物をするときには、「ネクタイピン入れや小物入れに使ってね」とおすすめするのもいいかも。

高島屋オンラインストア【まるで宝石箱:代表的なボンボン・ドゥ・ショコラを6粒詰め合わせ】 

<ラ・メゾン・デュ・ショコラ>の代表的な詰合せ

高級感たっぷり。とっておきのプレゼントはもちろん、ジブンへのご褒美チョコレートを選んでみては???

 

フォーション:FAUCHON

 

日本ですっかりおなじみ【FAUCHON】

紅茶・ジャムなどで有名ですね。シャルルドゴール空港でゲットしたのはこちら

味比べが楽しい「ショコラボックス」

ねっとり濃厚なガナッシュタイプのショコラ。

▼こちらはダークチョコレート

 

▼こちらはミルクチョコレート

濃厚だけど口どけがよくて、心地良く食べられます。

ティータイム・コーヒータイムはもちろん、ウイスキーと合わせるのも最高。

スモーキーなスコッチと一緒に、夜のおやつとしてもぴったり。

 

フィナンシェ・クロカントも外せない

しっとりした焼き菓子・「フィナンシェ」は、フォーションの可愛い缶入りのアソートがおすすめ。

食べ終わっても使えるスーベニア的なお土産は間違いなしで喜ばれます。

味としておすすめなのは、日本では珍しい「クロカント」というお菓子。

クロカントとは、砂糖を煮詰めて冷やし固めたキャラメリゼのようなお菓で、香ばしさの中にある優しい甘みが特徴。

チョコレート3種のコーティングでフォーションらしいクロカントが楽しめるアソートは、パリ土産にもってこい。

 

コーヒーにお茶に、そしてお酒に、ショコラは人を幸せにしてくれますね 。

せっかくパリでショコラを買うなら、パリっぽさをどストレートに選んで見ることをオススメします。

今回紹介したショコラは、まずどれもパッケージがおしゃれ。

お土産選びの際に地味〜に気をつけて欲しいのが、商品原材料などの表記やシールがちゃんとその国の言葉の印字になっているかどうか。

たまーに、旅行者向けに多言語表記のブランドやお土産があるんですが・・・わたし的にはナシ!(笑)せっかくのお土産なら、渡したお相手にもその国の雰囲気を味わって欲しいってものです。この記事の紹介ブランドは条件クリアですよ〜   


永遠の憧れ高級スイーツ・マロングラッセ

チョコじゃないけど、食べる宝石「FAUCHONのマロングラッセ」も外せない〜

ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 webライターとして活動中。 料理レシピ開発やケータリングも得意分野 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆おうちごはん・料理レシピやフードレポート・ワークライフバランスについてコラムも執筆