イキルラボ:サイトマップ
カルディレシピ

【カルディで見つけた、「私のフランス料理」でつくるおすすめレシピ:タラのソテー&コンフィ】冬は鱈を食べよう!

ikiru  LAB.で紹介したことのあるレシピ鱈のコンフィ】、そしてこちらも紹介したことのある調味料【私のフランス料理】。

今回はこの2つを合わせてしまおう!、ということで、【私のフランス料理を使って、手軽に作れる、鱈のソテー&コンフィ

なんかラクしてないかって?、だってラクなんですもの。

【鱈のコンフィ】:用意する材料

  • 鱈の切り身:生鱈の切り身を2切れ
  • にんにく:2かけ
  • 玉ねぎ:1/4個
  • ディル:生のディルを2.3房/無くても良いけどあると香りがグッと本格派
  • 白ワイン:20ml程度
  • オリーブオイル:50ml
  • 私のフランス料理:大さじ2杯
  • 塩・コショウ:お好みに調整

レシピ

  1. 弱火あたためたフライパンに、「私のフランス料理」を入れて熱する
  2. みじん切りにしたにんにく、玉ねぎ、ディルを入れ、さらにオリーブオイルを入れて軽く火を通す

  3. ペーパーで水気をよく拭いておいた生鱈を、皮面を下にして3分焼いていく。身がほぐれやすいのであまり触らないこと!(刻んだディルの香りをつけたいときは、鱈にも乗せるようにして焼く)

  4. 皮面に焼き目が出来た頃裏返し、白ワインを入れる。そしてまたノータッチで4分ほど放置。たまにフライパンをゆすってあげると◎
    ★最初に入れた玉ねぎは下敷きになってくれるから、直火でタラが焦げ付くのを防いでくれます。さらに、白ワインで蒸し焼き状態になるからふっくら仕上がる
白ワインを入れると、ソースにとろみが出てきます。

「私のフランス料理」に含まれるバターと反応して乳化するので、以前紹介したコンフィレシピよりも”まろやかで風味が柔らかい”レシピになっています

*乳化ってなに?

本来は混ざり合わない「水と油」が混ざりあって滑らかになった状態

素材の旨味がたっぷり移ったオイルベースに水分が加わることで、口当たりがよくまろやかなソースに仕上がります。

このテクニックを使えば、パスタソースや今回のコンフィなどなど、いつもの料理がひと味もふた味もUP!

パスタを作るに茹で汁を加えると美味しくなるのはこんな理由。

・茹で汁に含まれる塩味で味が整うから
・パスタソース(オイルベース)を少し乳化させることで味の絡まりが良くなるから

【完成:鱈のソテー】からの、【コンフィ】

焼きあがればソテーは完成です。

蒸し焼きのようにふっくら仕上がるのがこのレシピの良いところ。

ソースがとろりとしているのがわかりますか?

お皿に盛るときは鱈の上からかけてあげたり、お皿にソースを敷いてあげたところに鱈を乗せるもヨシ。

 

耐熱便に入れてコンフィを保存する

★しっかりと粗熱をとったら、耐熱瓶で保存も可能

酸化したり腐らないように、具材がオイルにしっかり浸かるように入れておきましょう。

ジャムなどの空き瓶を再利用してOK。

・空き瓶は、洗剤でしっかり洗う

・鍋にお湯を沸かし、沸騰したら瓶を入れ、4,5分沸かす=煮沸消毒

・しっかりと乾かして水気を切ってから中身を入れること!

 

冷蔵庫に入れて3日程度持ちます。

バゲットに乗せて食べれば格別〜♪

【フィッシュアンドチップス】カルディのフリット粉で作る簡単レシピ!イギリスのパブの味をおうちで作ろう【カルディのフリット粉で作る、フィッシュアンドチップス!】カルディのフリット粉を上手に使って、イギリスのパブ飯の代表『フィッシュアンドチップス』を簡単に作っちゃいましょう。味も美味しい&とにかく簡単に使えて、しかも一袋 160円程度とお安い!失敗無縁のお手軽レシピです。...
ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 週半分はオフィスワーカー/もう半分はwebライター&フードディレクターとして活動中。 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆外部サイト[LIVING HEALTHY] ▶︎https://www.slowjuicer-livinghealthy.com/