イキルラボ
いろいろレシピ

【お野菜のレシピ】KALDI 夏の新商品「ディルスープ」:リメイクレシピで「リゾット」を作ろう

KALDIブランドで新商品が登場!

その名も【ディルスープ:Dill Soup

ベトナム産のディルをメインに、トマト・パプリカ・ズッキーニを具材にした”アジアンテイスト”かつ魚介の旨味の効いたスープ!

ディルが大好きなわたしは、パッケージを見て迷わず手にしてレジに向かってしまいました・・・。

今回は、このディルスープの作り方&味をレポートしつつ、アレンジレシピとして【ディルスープで作る、簡単リゾット】を考えたのでご紹介します!

食材切るのに2〜3分、調理に17分の、約20分で出来るレシピ♪

 

KALDI / カルディのディルスープ、とは

こちらがパッケージです。

なんともおしゃれ。シンプルで、かつアジアンな雰囲気を漂わせるデザイン。

そもそもディルってなに?というと、いわゆるハーブの一種です。

魚との相性がいいので、スモークサーモンにのっていたりして見かけることがあるのでは?

こんな風に、オードブルの飾りにも大活躍!

見た目が華やかなだけではなく、味のアクセントにも間違いない。爽やかな香りが広がりますよね。

 

大きさが伝わるかな?と思ってなんとなくピーマンと一緒にパシャリ。

粉末状のスープ、内容量はおおよそマグカップ6杯分

パカっと袋を開けるとこんな感じ。スープのベースは粉末状で、具材である《ディル・トマト・パプリカ・ズッキーニ》はごろっと形が残ったドライタイプ。

ベトナム産のディルであり、原産国名もベトナム!

【楽天市場:カルディコーヒーファーム】はこちら

スープの作り方

  1. 大さじスプーンで、すりきり一杯のディルスープのもとを準備
  2. 熱々のお湯を、250cc
  3. 注げば、出来上がり
ドライの具材が柔らかくなるまで、ちょっと待つのがポイント!1分もすれば食べやすい状態に。

スープは透き通ってますね!

スープをすすると、良い意味で ”アジアン臭さ”が無く、とっても飲みやすい。

アジア料理大好き!ベトナム料理・タイ料理が大好きな人にはちょっとパンチが弱いかも??   

とはいえ、ディルをしっかりと噛み締めるとちゃんと風味が口に広がり、その他の具材もお湯を注いだだけの割にはフレッシュ感さえ感じましたよ。

 

スプーンですくって作るタイプなので、具材のバランス感はまちまちにはなっちゃうところですが、「パッケージに偽りなし」の納得クオリティでした。

 

カルディのディルスープで、リメイクレシピ:お手軽リゾット

先ほどのようにスープを一杯作った時、思いついたのが今回ご紹介する『リゾット』

しっかりと下味がついた旨味たっぷりのスープなので、こりゃリゾットにぴったりだ!とひらめきが。

実際に、このディルスープには《貝エキス・魚醤・えびパウダー》など魚介の旨味が閉じ込められているので、これでお米を炊くだけで旨味を吸ったリゾットに仕上がるってワケ。

 

用意する材料 /1人前

  • カルディ「ディルスープ」:大さじすりきり一杯
  • お米;1/2 合
  • お水:250cc
  • にんにく:ひとかけ
  • 玉ねぎ:1/6 こ
  • ミニトマト:2こ
  • しめじ:1/8 株
  • バター:2.5g ※雪印の5g×10カットのうちの、1/2カットを使いました
今回は、おうちにありそうな食材も少し使ったレシピを紹介しますが、具材の足し引きはアレンジしても美味しいと思います♪

ベースとなるスープ&お米の配合以外の「具材」は、ぜひ好きなものを組み合わせてアレンジしてみてくださいね。   

 

リゾットレシピ / 約20分で完成

  • 具材を切る

▼にんにく、玉ねぎ、しめじ、をみじん切りに、ミニトマトは4等分に切っておきます

 

  • 弱火にかけたら、バターを溶かし、にんにくを入れる

★わたしは「STAUB」という鍋でやっているけれど、フライパンでも大丈夫です!

 

  • にんにくを入れて2分ほど炒めたら、玉ねぎとしめじを入れて、さらに2分ほど炒める

★にんにくを少し炒めたところに水分の多い玉ねぎやしめじを入れることで、にんにくの焦げつきを防いでくれます

 

  • 次はトマトも入れちゃいましょう。1分ほど炒めてください

 

  • 用意した”生のお米”を、1/2合そのまま入れる

★お米全体にバターの旨味と野菜の甘みを吸わせるイメージで、全体を軽く炒め合わせましょう。3,40秒ほどでOK

 

  • お米にバターが回ったら、『粉末のディルスープ』を大さじすりきり一杯入れ、手早く20秒ほど炒め合わせる

★スープの素は焦げやすいので、あまりダラダラせずにさっと全体に行き渡らせるだけのイメージ!

 

  • お水250ccを入れて全体をかき混ぜたら、弱火のまま蓋をして、10分放置

 

蓋を閉めたらノータッチ!触らずに、弱火にかけて10分待ちましょう  

・・・・10分経過・・・

オープン!

グツグツグツ・・・・

 

10分弱火にかけただけで、程よい水分量かつスープの旨味を十分に吸ったお米の炊き上がり!

リゾットらしく、少しアルデンテの仕上がりが「10分」という感じ。

ここで具合を見て、もう少し柔らかめが良い!などがあれば、火にかける時間を少しプラスしてみてくださいね。   

 

カルディのアイテムでアレンジレシピは簡単にできる!

というわけで完成。

ディルスープの素で作った、簡単リゾット】・・・お味は、うん、魚介の旨味もしっかりとお米が吸っているし、ディルの風味もちゃんと味わえるリゾットに仕上がりました!

具材は今回、もともとスープに入っているドライベジタブルに加えて《玉ねぎ・しめじ・ミニトマト》をチョイスしましたが、全体的には野菜の甘みが強めの優しいリゾットになりました。

 

甘みが強くない方が良い場合は、玉ねぎを入れなくても十分美味しく食べられそう。

ちょっとリッチにムール貝を入れてみたり、あさりを入れるのも良い感じ。塩やブラックペッパーはお好みで足すと、メリハリがついた味になって引き締まりますね!   

 

カルディさんに行くとついついいろんなものを衝動買いしたくなっちゃいますが、「新商品」でも間違いなく美味しいものにちゃんと出会えるのがやっぱりすごい。

今回も良い買い物ができました。またアレンジレシピにも挑戦してみようと思います!

ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 webライターとして活動中。 料理レシピ開発やケータリングも得意分野 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆おうちごはん・料理レシピやフードレポート・ワークライフバランスについてコラムも執筆