イキルラボ:サイトマップ
お肉のレシピ

【シンプル材料でつくる手づくり参鶏湯】おうちで簡単レシピ/STAUBで煮込むとお肉ほろほろ・スープとろとろ

  • 参鶏湯(サムゲタン)は作るのが難しい
  • 食材を集めるのが大変
  • レトルトや出来合いの参鶏湯でしか味わえない

 

そんなイメージを払拭する【おうちで作れる参鶏湯】をご紹介。

小難しく考えず、まずは基本の「鶏スープ」を作る気持ちで挑戦してみてほしいのです。

ナツメ・クコの実・高麗人参・栗・もち米などなど、専門食材が手に入らないからと臆する必要ナシ

 

専門店で食べる参鶏湯を目指す前に、日常的に作れるレシピから覚えてみませんか。

『参=高麗人参』を指すので厳密に言えば「サムゲタン風」にはなりますが、今回のレシピを覚えれば満足度の高いスープが出来ちゃうこと間違いなし。

 

どんな高価な化粧水より、速攻でお肌ぷるぷる

ワタシ、ほっぺの上にある生まれつきの「シワ(のような筋肉のすじ?)」がコンプレックスなんですね。

手づくり参鶏湯を食べたら翌朝ほっぺにハリが出て、そのシワが明らかに薄くなったことに驚いた。

 

 

【用意する材料】:手羽元で旨味たっぷり、お米でとろり

  • 手羽元:6本ほど
  • 長ネギ:青い部分は香り出しに、白い部分を具材に
  • お米:半合(洗ってザルにあげたもの)
  • 生姜:スライス3枚
  • にんにく:一片を2.3等分にカット
  • ジンジャーパウダー:小さじ1程度(ざっくりでok)
  • 花椒:10粒程度
  • 塩:鶏肉の下味用(お肉表面にパラパラして足りる量でok)
  • 水:750cc →煮込み加減をみて加水調整してもok

およそ2人前の材料です。

参鶏湯のイメージといえば、鶏をまるまる一羽使ったものを思い浮かべますよね。

なかなか日常的に使うタイプのお肉でも無いから、代用できるお肉があれば好都合!ってことで、オススメは手羽元です。

骨つき肉を選ぶことで、お肉と骨の間の旨味もしっかり溶け出すのがgood。

 

▼作り方①:手羽元を軽く水で洗う

汚れや血合いがなく鮮度がいいお肉ならハショっても大丈夫。

袋に手羽元を入れて、少しだけ塩をまぶし、お水を入れて袋全体を軽く揉みましょう

汚れが落ちて水が濁ったら、すぐにお水を捨てます

すすぐイメージでもう一回だけお水を入れたら、4.5回揉んでお水を捨て、バットにあげておきましょう。

この時に水分を拭き取る必要ナシ。鶏肉はお水を揉みこむと柔らかくジューシーになるので、あまり気にしないでok

スーパーでもらえる薄いビニール袋が手頃で楽チン。

 

▼作り方②:手羽元に塩を振る

表面に塩を振り、20分ほど置いて下味をつける

どんな料理でも共通するけれど、「下味」はとっても大事

 

『外側』へまとわせたソースや味付けが「しっかり味」で美味しくても、素材に下味がないとぼんやりした味になってしまう

特に参鶏湯は、スープはもちろんぜひ美味しく鶏肉も食べて欲しいから、塩を振って置く工程を大切に。

 

塩を振ってしばし置いた手羽元がこちら。

表面が艶っぽくなりました。浸透圧でお肉に味が入った証拠

ピンクの色味が少し濃くなってたら、下味OKの合図です

 

▼作り方③:ネギ・にんにく・生姜、香味野菜の風味を出す

鍋にサラダ油を大さじ1程度敷く。

火は弱火にして、まず長ネギの青い部分を入れて軽く焼き目を

すぐに生姜・ニンニク・ネギの白い部分を入れ、焦げない程度に炒めます

焦げると苦くなるので、気をつけて。

 

▼作り方④:香味野菜の上に手羽元を乗せる

手羽元が直接鍋肌につくと、火がすぐに入ってしまい表面が硬くなってしまいます

ネギたちのお布団の上に寝かせるイメージで、直火にかけないように

先に炒めていた生姜を数枚、手羽元の上に置いて香りを移してもgood。

手羽元を置いてからは、あまり時間をかけずに次の工程へ。

 

▼作り方⑤:洗ったお米・ジンジャーパウダー・花椒を入れ、水を入れて煮込む

材料すべてがお鍋に入った状態になりました。

火は弱火のままで煮込んでいきましょう

 

ネギを敷いているので直接火にはあたらないと思いますが、時折鍋肌に沿ってかき回し、「素材がくっついてないか・焦げていないか」を見ると良いでしょう

20分以上煮込み、お米のとろみや水分の加減を見てください。

 

◆STAUBのススメ

ワタシは【STAUB:ストウブ】という重さのある鋳物鍋を使ってます。

蓋が重いから、圧力鍋のようにお肉が柔らかくなるのが早くて便利

STAUBは「鋳物ホーロー鍋」と呼ばれていて、鋳物鍋にホーローの加工を施している”進化鋳物鍋”。

STAUBを使うと、カレーやビーフシチュー、煮物やおでんのような煮込みはたいていなんでも美味しくなっちゃう

料理にもしも自信がないとしたら、調理道具をとにかく良いもので揃えるのがオススメ。

 

 

 

【ほっときレシピで簡単】お好みで、薬味・麻辣ペッパーをかけて召し上がれ

出来上がった参鶏湯は、「お肉ほろほろスープとろとろ」。

お塩でシンプルな味付けだけど、素材の旨味が溶け出した濃厚な美味しさに感動するはず。

手羽元は、骨からすぐに身が離れるほどに柔らかい

スープは、サラサラではなくとろんとまろやかな口当たり。もち米を使わなくても、白米で十分にコクと濃厚さが生まれます

 

▼フレッシュな薬味で香りをプラス

ちょい足しのオススメ、まず、香味野菜の薬味

煮込んだ香味野菜はとろっと溶けているから、フレッシュな薬味として足すことで爽やかさもプラス

写真には、生姜・あさつき・ミョウガ・白髪ネギが。

シンプルな料理だからこそ、味変で楽しむのも醍醐味です。

 

もう一つのオススメは「麻辣ペッパー」。

麻辣ペッパーも手作りできるので、レシピをご参考あれ。

【マー活のお供・手作り麻辣ペッパー】カルディの人気調味料、再現レシピここ最近、いつもの「おうちごはん」を数段格上げしてくれると人気を集めているのは、カルディでも販売中の【麻辣ペッパー】。簡単に手に入るスパイスで、おうちでも手作りできます。美味しく仕込むコツや、アレンジメニューをご紹介しています。...

 

▼手羽元の骨は捨てない:お肌ぷるぷる鶏スープ

お肉を食べ終えた手羽元の骨、まだまだ味を出してくれます。

残っているスープに、骨を戻してひと煮立ち

おもてなしレシピとしては、しゃぶって食べた手羽元の骨を戻すのはおすすめしないですが(笑)、あらかじめお肉をはずしておけば骨も綺麗ですので、参考に。

 

味をみて、お塩を足したり薬味を添えて。シンプルながら極上の鶏スープです。

 

どうですか、簡単だったでしょう?

ここに、ナツメや高麗人参などの漢方食材がはいれば、それはもう十分立派な参鶏湯です。

今回のレシピは、『とにかくおうちで簡単に楽しめる』、そんな基本をおさえたスープレシピ。ぜひチャレンジしてみてください。

食べた次の日、ほんとにお肌ぷるっぷるですから!

 

 

 

【お肉のレシピ】鶏手羽ガラを食べる!やみつき唐揚げ&里芋と手羽の照り煮【タレが染み付いたその指までしゃぶりたくなってしまう、鶏手羽ガラのやみつき唐揚げ】:鶏肉のガラ、出汁を取るだけなんてもったいない!調理次第で美味しく食べられるんです。同時進行レシピは【コラーゲンたっぷりのトロトロ照り煮】。圧力鍋やSTAUBをお持ちの方はもちろん、フライパンでもできちゃうレシピです。...
ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 週半分はオフィスワーカー/もう半分はwebライター&フードディレクターとして活動中。 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆外部サイト[LIVING HEALTHY] ▶︎https://www.slowjuicer-livinghealthy.com/