イキルラボ
お魚・魚介のレシピ

【お魚・魚介のレシピ】鱈のコンフィ:白身魚とオリーブオイルで、簡単レシピ

白身魚のなかでも日常的に馴染み深い「鱈:たら

ムニエルにしたりお鍋に入れたり、淡白な味わいはいろんな調理で楽しむことが出来ます。

今回は、とっても簡単ながら『美味しい!万能!長持ち!』の三拍子が揃った【鱈のコンフィ】をご紹介します。

 

【鱈のコンフィ】:用意する材料

  • 鱈の切り身:生鱈の切り身を2切れほど
  • にんにく:2かけ
  • 玉ねぎ:1/4個
  • ディル:生のディルを2.3房/無くても良いけどあると香りがグッと本格派!
  • オリーブオイル:50ml〜70ml/切り身のサイズにもよりますが、鱈と具材の7割程度が浸かるくらいのオイルを用意してください
  • コショウ
    ☆鱈だけでなくミニトマトを入れても美味しい
    ☆香ばしく仕上がる「スキレット」で作るのがベスト!フライパンで作る場合はなるべく小さなサイズを選びましょう。ミルクパンのような小鍋も可

    倍量である程度大量に仕込むことが出来ますが、一気に作るときはこの2倍量程度までが作りやすいですよ♪

 

レシピ

  1. にんにく、玉ねぎ、ディルをみじん切りにする
  2. スキレットや小鍋にオリーブオイルを軽くしき、にんにくと玉ねぎを茶色になる直前まで炒める

    ☆トマト入れたい方はここでトマト投入🍅
    生のディルを一房、のちのち瓶で保存するとき用に一緒に香りづけしてもOK!
    ※玉ねぎとにんにくのコゲが気になる方は、写真のように一旦避けておくと安心。

  3. ディルを入れて軽く炒めたら、両面塩で下味をつけた生鱈を皮面から焼く

  4. 皮面に焼き目が出来た頃、残りのオリーブオイルを全部入れて、弱火で15分煮込む。
    コゲやすいので適度に様子をみて、鍋底がコゲないように。
    ★このとき、鱈の形は煮崩れてもOK
  5. 味見して塩気が足りないときは、塩こしょうで調整し、アツアツのまま、スキレットごと食卓に出して完成!

 

万能!パスタソースや温野菜&サラダのディップドレッシングにも

コンフィはそのままはもちろん、バゲットに乗せて食べると最高!

他にも、茹で上がったパスタに少し茹で汁を加え、そこに鱈のコンフィを入れて軽くフライパンで炒め和えれば…鱈の旨味が詰まったパスタソースとしても大活躍!

 

温野菜のディップや、ドレッシング代わりにサラダにかけても美味

しっかりと粗熱をとったら、耐熱瓶で保存も可能

具材がオイルに浸かるような分量を意識して詰めておけば、酸化がより防げます。

冷蔵庫に入れて5日程度は大丈夫。

生のトマトを入れると水分が多いので、夏場は3日ほどで使い切ることをオススメします!

より一層の日持ちを考えると、ドライトマトを使うと無難。ドライトマトは味も濃いので、濃厚なコンフィになりますよ!

 

ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 webライターとして活動中。 料理レシピ開発やケータリングも得意分野 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆おうちごはん・料理レシピやフードレポート・ワークライフバランスについてコラムも執筆