web

ブログ・サイトに必要な「ポリシー」とは?グーグルアドセンス審査にも影響する、収益うんぬんの前に考えるべき基本的なコト

さて今回は、ブログやサイトを運用する上で作っておくべきサイトポリシー」・「プライバシーポリシー」について

[voice icon=”” name=”” type=”r line”]

ポリシー・・・なんだそれは、情熱?

[/chat]

サイト運営における「ポリシー」とは一体何を指すのでしょうか。そしてその必要性を見ていきましょう

ちなみに前回、Google Adsenseの審査について記事を書きました

[kanren postid=”746″]

ポリシーって、なんのこと???

サイト上における「ポリシー」とは一体何を指すのでしょうか。

[aside type=”boader”]

ポリシー(英語:policy)

  • 政策(政治用語)
  • 強い主義やこだわり、方向性のこと(きわめて強い方針)
  • 方針の全般のこと(すべての事柄の方針)

*Wikipediaから引用:Wikipediaより「ポリシー」のリンクです

 

webサイト運営においては、

「方針」の意味合いで解釈し、『運営・運用方針に基づいて定めたルール』やまた『その記載ルールのこと』をさすということになります 

 

[voice icon=”https://search-for-mylife.com/wp-content/uploads/2017/06/046d080ff83cdb2e4b2fed7ff51677e9.jpg” name=”ikiiki” type=”l”]

「こういう方針で運営しています」

「情報は、このようにして発信しています」

「個人情報は、このように取り扱っています」

など、各々が運営しているサイトにおいて必要に応じて設ける方針なんですね

[/chat]

ポリシーはなんのためにあるの?

 

「方針」の意味合いで解釈し、『運営・運用方針に基づいて定めたルール』やまた『その記載ルールのこと』を指す

ということがわかりましたが、これは一体誰のために作るべきなのでしょうか。

 

ネットには様々なサイトが存在していますが、普段、例えば情報サイトを見ていたり何かネットショッピングをする時に、こんなことを思ったりしませんか??

[aside type=”boader”] 

このサイトの情報ってホント?

個人情報ってちゃんと管理されているのかな

 

閲覧しているサイトの情報に偽りや怪しいことがなく、安全に利用できることはやっぱり安心。

つまり、『このサイトはこんな風に運営していますよ』という方針をしっかりと定め、その方針に則り運営をすることを示し、運営方針をそのサイトに明示することで、サイト訪問者へ運用方針と安全性を伝えるためにあります。

 

「ポリシー」を示すべき相手は、サイト訪問者+システム+利用サービス先

 

ポリシーは、SEO対策、サイト運営に利用する”各サービスに対する”信用対策にももなる、すごく大切な視点です。

 

『SEO対策』とは、Googleなど検索エンジンのお話になっていきます。

サイトを運営していて大事にする視点の一つに『検索エンジンに見つけてもらう・検索エンジンにとって有益なサイトになる』ということを挙げたいと思います。これは、webシステムにおける”SEO対策”の一貫ということになります。

 

「SEO対策とは」については、こちらの関連記事もどうぞ

[kanren postid=”648″]

 

「検索エンジンにとって有益なサイトになる必要性」はなぜ必要なのか。

例えばGoogleさんにとって、”検索結果に表示するサイトが悪質なサイトであっては困る” わけなんです。

”SEO対策” というと一見アクセスの伸びや検索キーワードの最適化などにのみ注目しがちなのですが、運営サイトがまず「利用するサービスに対して規約に違反せず運営されているか」をクリアしていなければ、まずGoogleなどのサービスに認めてもらえません

検索上位表示に出やすいことを目指す対策も必要である一方で、規約違反のない安全性の高いサイトとして認識してもらうことを目指すのも大切です。

このサイトはきちんとコンテンツを取り扱っているな・発信情報や個人情報、その他コンテンツに関わる全てに対して真摯だな

と、Googleなどの検索エンジンにも理解してもらうことを目指して欲しいんです。

その意味で、SEO対策でもあるというわけなんです。

 

『ポリシーの設定』が「いかに検索エンジンにとって発見がされやすく、また運営が健全か」を示すことにもなり、

そうして健全に保つ努力をするサイトであることで長期に運営でき、結果的にアクセス数にも関係してくるのです。

 

レンタルサーバーについて

せっかく検索表示に最適化したSEO対策を打っていても、

訪問者さんがサイトにアクセスをした時にその接続先レンタルサーバーによってはアクセスがうまくいかなかったりすると元も子もありません・・・

例えば無料のレンタルサーバーで無料ブログなどを運用をしていることによって、

なんだか怪しいサイトや訳がわからないサイトがたくさんあるサーバーだなぁ、これじゃあ信用できないぞ

ということにもなりかねません。

サイトを運営する上で初めからインフラ作りをしっかり行うこともとっても大事。

もし無料のブログサービス:無料レンタルサーバーでこれからブログを始めようとしている方は、

「ゆくゆくはリスキーにもなる」ということを一度頭に入れてから始めてみてください。

全然脅しのつもりはないのですが笑、せっかく時間をかけて取り組んだ作業をいつの日にか無駄にはして欲しくないのです。

 

[voice icon=”https://search-for-mylife.com/wp-content/uploads/2017/06/fc0ebb3abf5a41b8bd82499dc5ec8315.jpg” name=”ikiiki” type=”l”]ワタシも全くの素人からサイト構築を始めた時、

本当であれば「無料でできたらいいな」とはやっぱり思いました。

ただ、「結局どんなサイト運営を目指すのか・もし仮に無料サービス会社がサービスを終えたら」・・・と検討した結果、

安定的な運営もしていきたかったし、データ容量や高速接続など運営に直結する不安要素をカバーしてくれることや、個人作業では決してできなかったであろう「自動バックアップ」などがあったエックスサーバー を選びました

 

さっきも書いた通り、「無料レンタルサーバー」で無料ブログなどやっていると、Googleさんなどに警戒されることもあるんですよね。

なので、個人でサーバー契約をすること+独自ドメインを取得することで、サイトの信用度はそれだけでも高くなると考えます。

有料とはいえ、月額1000円未満で利用できるのでワタシは導入しやすかったです。

安心材料になるものは許容範囲で得よう!というタイプなので、結果的に良かったです。

素人だったので、あえて初めから無料ではなくしっかりとしたレンタルサーバーを選ぶことで、個人的な設定やあれこれする手間も不安もなくなりましたよ。

[/chat]

サイトの解析(アクセス数や”サイトにどんなキーワード検索で辿り着いたのか”を検証できる)ツールとしてGoogle Analytics やGoogle Search Consoleを導入していくと、サイト訪問者の動向がわかるので運営のヒントになるので是非利用してみてください

 

 

各サービスに対する『信用策』

例えば、Google Adsense であったり、Amazon アソシエイトであったり、サイト内で利用するサービスにもそれぞれ『運営方針=ポリシー』や『利用規約=ルール』があります。

そのルールの中に、「サービス利用上で、記載の必要なルールがあるから、あなたのサイトにきちんと明記しておいてくださいね!」というポイントがあることも大変多いのです。

[voice icon=”https://search-for-mylife.com/wp-content/uploads/2017/06/046d080ff83cdb2e4b2fed7ff51677e9.jpg” name=”ikiiki” type=”l”] 

つまり、それらのサービスを利用するにあたって、我々は自身運営サイトの「サイトポリシー」を設け、その中に” 利用サービスの規約に違反しないため ” の明記をしておく必要があるのです。

 

[/chat]

 

[aside type=”warning”]

閲覧者+システム+利用サービス先

に対する信用を保つために、必ず「サイトポリシー」を作りましょう

 

Google Adsense など、広告掲載サービスの利用からみる「ポリシー」設置の必要性

[voice icon=”https://search-for-mylife.com/wp-content/uploads/2017/06/091184bcda645b76415dad025b422929.jpg” name=”ikiiki” type=”l”] 「なんでワタシがこの情報を欲しがってるの分かるの!?」

サイトに表示される広告を見てこんな経験ありませんか?

[/chat]

 

「Google Adsense」は、関連性の高い広告表示が可能なサービス

運営側・閲覧者の設定により表示方法は変更可能なためこれに限るわけではないのですが、収益をあげるポイントに直接関わってくるので無視はできない特徴です

[kanren postid=”746″]

 

訪問者さんのサイト閲覧状況をGoogleが自動的に判断し、Google Adsenseに表示される広告で訪問者さんにとってマッチした内容で表示されるだなんて。まるでマジック

これには『Cookie』という機能が使われています。(もしよく分からなくても、利用時にはGoogleが自動解析してくれるので大丈夫ですよ)

Cookieが訪問者さんに合った広告表示を助けてくれる!

 

 

訪問者さんにとって、関連性も高く有益な広告を表示できるこのサービスは、Googleが訪問者さんのweb上の閲覧傾向を解析してくれるから実現しています。

サイト運営者は特に設定は何もする必要はありませんし、アドセンスを利用する権限を持っている限りこの機能をサイト上で利用可能です。

 

[voice icon=”https://search-for-mylife.com/wp-content/uploads/2017/06/046d080ff83cdb2e4b2fed7ff51677e9.jpg” name=”ikiiki” type=”l”] Google Adsense を導入するなら、

ポリシーを持つべし

[/chat]

これまでにも述べているサイト運営の方針を『訪問者にとって+サービス利用規約において』明示する必要があるということ。

Google Adsense の申請時に「サイトポリシーを設けましょう!」とオススメしているのも、『アドセンス規約に則り、このサイトは健全にそして真摯に運営していますよ』としっかり形にするためなんです。

 

きちんとサービス利用規約に則ってるな、このサイトなら広告掲載をしたらGoogleにとっても有益になりそうだな、ではこのサイトに適した広告を掲載しよう!はい、審査合格。

とGoogle Adsenseさんに思ってもらえるために、ポリシーを設けましょう。繰り返しすぎですけど本当に大事。

もしも何か迷ったら、「安心・安全で有益な情報を提供を心がけること」を必ず思い起こして進めていけるといいと思います。

webの世界に限らず、お客様に対する心がけはとても大切。

収益化を目指すブログ・サイト運営や、お客様情報を一時的にお預かりするといったサイトを運営されているのであれば、ただ闇雲に目先の情報や利益だけを意識するのではなく、お客様にとっての満足をまずはしっかりと構築していきましょう。

その姿勢をわかりやすくそして明確に示せるのが、「サイトポリシー」でもあるわけです。

 

[aside type=”normal”]

サイト内でどんなサービスを利用するのかに合わせて「サイトポリシー」を設けましょう

広告掲載サービスといってもいろんな会社のサービスがありますので、各サービス会社ごとに確認し、記載義務がある場合には内容をしっかりポリシーに反映させる必要があります。また、個人情報を取り扱うサイトを運営する場合には、「プライバシーポリシー」という形で安全性と情報の取扱に関する方針を明示しましょう

 

 

備えあれば憂いなし

 

今回は、本サイト・ikiru LAB.の「サイトポリシー」を例に挙げます。

アドセンス申請時も、「サイトポリシー」を設置した状態で申請し通過しました。是非こちらを参考に作ってみてくださいね!但し、あくまでこのサイトの運営に最適化したポリシーではあるので、必要に応じて各サービス利用規約を確認してくださいますようお願いします。

 

サイトポリシーの例文

 

「クッキー(Cookie)」

[aside type=”normal”]

これは一例です。皆さんがサイト内で利用するサービスに基づいて加筆・修正してください。各サービス利用規約に沿って、必要な記載事項の確認をお願いします

第三者配信の広告サービスとCookie

 

Twitterの引用(埋め込み)による表示について

[aside type=”boader”]

Twitterサービス利用規約より抜粋:こちら公式サイトリンクです

 

[aside type=”normal”]

Twitter側の利用規約に以上のことが明記されているため、埋め込みによる引用において特に断る必要が無いとはされていますが、本サイトを訪問された方に対する『情報利用の信用性』や『取扱方針』については自身で発信する必要を感じるので、あえて明記しておきました。サイト内でツイートを埋め込むことが許されていても、ブログなどの記事に対して「勝手に引用しないで!」という声が上がらないとも限らないので、こうして事前に対策しておくことも大切だと思います。

 

プライバシーポリシーの変更について

 

免責事項

 

 

 

[voice icon=”https://search-for-mylife.com/wp-content/uploads/2017/06/7437a7b3083cecf3f54cc17a64831d39.jpg” name=”ikiiki” type=”l”] ikiru LAB.では、『固定ページ』で「サイトポリシー」を設置しています

▼当サイトのポリシーはこちら: https://search-for-mylife.com/policy

各サービスの利用規約も改訂・加筆がありますので日々チェックをし、自身のサイトへ反映もお忘れなく。また、ご自身の運営方針・情報取扱い方針も、鮮度を保っていきましょう。

[/chat]
ライフスタイル ワークライフバランス 人生
ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 週半分はオフィスワーカー/もう半分はwebライター&フードディレクターとして活動中。 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆外部サイト[LIVING HEALTHY] ▶︎https://www.slowjuicer-livinghealthy.com/
国内旅行の宿泊ホテルをお得に

世界中200万件以上のお部屋が見られる『agoda:アゴダ』なら、お得なクーポンも使えて、さらに「70%OFF」といった安値がボンボン見つかる。

リアルな口コミで宿泊した人にしか分からない情報をチェックできるのはもちろん、人気の周辺スポットまでの距離&ルートもひと目で見やすいサイトづくりが魅力。空室状況や施設設備も一覧表示されているから、「急な予約」にも安心して閲覧できる気配りがGOOD。

agodaでホテルをお得にさがす

RELATED POST