クレジットカード

【海外旅行傷害保険付帯カード】[楽天・エポス・イオンSuica]ほか、自動付帯・利用付帯の補償比較:年会費無料&初年度無料で持てるカードを厳選

海外旅行であなたを助けてくれる、安心の旅行保険サービスが付いたクレジットカードを持っていますか?

海外旅行においては、クレジットカードを持つメリットとして支払い以外に重要な【海外旅行傷害保険】があります。

保険付帯のあるクレジットカードを持って入れば、わざわざ空港でお金を払って保険加入する必要なし!

そこで、無料で海外旅行保険に加入できるクレジットカードをピックアップ。

海外旅行の保険加入目的で新しくカードをつくる場合の参考にしてみてください。

 

▼知っておきたい、海外旅行保険加入の基礎知識

海外旅行障害保険とは、簡単に言えば「海外旅行先でトラブルにあったとき、金銭的にあなたをサポートしてくれるもの」。

事故・ケガ・病気など、思わぬトラブルに見舞われた時に適用される保険。

治療費の負担はもちろん、弁償の必要が発生したときになどにも海外旅行傷害保険がサポートしてくれます。

 

クレジットカードで海外旅行保険に加入する方法しかないわけではなく、空港での手続きでも加入することができます

ただし、空港で手続きして海外旅行保険に加入する場合には有料となり、旅行費用が増えるんです。

つまり、どうせなら無料で加入できる方法で海外旅行保険に入ろう!ということ。

適用対象であるクレジットカードを持っていれば、わざわざ『加入手続き』をする手間もないしとにかくラクチンなのです。

 

▼海外旅行保険に無料で加入できるクレジットカード

カードのブランドや契約内容によって、保険の適用条件やサポート内容(対象となるトラブル項目・金額面など)は異なります。

あなたに合ったカードを見つけてみてください。

まずは、ひとつひとつのクレジットカードについて詳しくご紹介していきます。

本文下に比較一覧表を作成しているので、パッと見て比べたいときにお役立てください。

 

◆エポスカード

年会費永年無料でつくれる『エポスカード も、海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードとしておすすめの1枚。

  • 年会費無料
  • 自動付帯 (*解説します)

▼主な補償内容(抜粋)

  • 傷害治療費用:200万円
  • 疾病治療費用:270万円
  • 傷害死亡・後遺障害:最高500万円
  • 携行品損害[免責3,000円]:20万円

*『自動付帯』とは・・・

クレジットカードを持っているだけで、保険に自動加入される仕組みのことです。

エポスカードの場合、カード発行してエポスカード会員になっていれば、自動で保険加入の対象者となります。

対して、海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを持っている場合でも、”所定の条件をクリアしないと保険加入とならない”ものを『利用付帯』と呼びます。

 

携行品損害とは?

旅行中に携帯していた物を誤って破損してしまった時の補償で、例えば「カメラが壊れてしまった!」という場合に補償を受けられます。

[免責3,000円]というのは、例えばカメラを壊した際の損害額が10万円だった場合、『あなたには3,000円負担してもらうけれど、保険金額の範囲内で免責を差し引いた金額をお支払いしますよ』というもの。

この例えなら、『100,000円-3,000円=97,000円』を補償してくれる計算です。これは大きいですよね。

普段エポスカードの利用がなくても、年会費永年無料なのに持っているだけで手厚い補償が受けられるとあって、海外旅行用につくっておくのもおすすめ。

《エポスカード》

日本にいても、毎日のお買い物やカード優待で使いやすさを実感できる1枚

オススメ度
持ちやすさ 年会費永年無料
海外傷害保険適用条件 自動付帯
こんな方にピッタリ ・「年会費無料+自動付帯」で持てる手軽さを重要視したい
・提携店舗の食事や買い物で、無料/割引のサービスを受けたい
・舞台やイベントの優待サービス、ポイントを他社ポイントに交換したい

詳しくみる

 

 

 

◆楽天カード

年会費永年無料&ポイントがたまりやすいことで人気の『楽天カード』に、海外旅行傷害保険が付帯されています。

傷害死亡・後遺障害は最高2,000万円と高額補償

エポスカードの『傷害死亡・後遺障害の補償額:最高500万円』と比較するとかなり魅力的なて厚さです。年会費無料でこれはすごい。

  • 年会費無料
  • 利用付帯 (*解説します)

▼主な補償内容(抜粋)

  • 傷害治療費用:200万円
  • 疾病治療費用:200万円
  • 傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
  • 携行品損害[免責3,000円]:20万円

 

* 保険が有効になるよう、カード決済条件を確認すること!

楽天カードで海外旅行傷害保険が適用となるには条件があり、『利用付帯』の仕組みになっています。

さきほど紹介したエポスカードのように”ただ発行しただけ”で補償が受けられる『自動付帯』と異なります。

とはいえ、楽天カードも事前申し込みは不要で、以下の条件をクリアすれば補償の対象者となります。

▼保険が有効になる条件

下のいずれかを、楽天カードで決済していること

  • 自宅から出発空港までの交通費(公共交通機関利用の運賃)
  • 海外旅行代金

 

条件クリアとなるカード利用内容は、具体的にあげるとこんな感じ。

保険適用対象

 

  • 出国前の決済であること
  • 料金の一部でも対象
  • 1円以上の決済があればOK

主な公共交通乗用具に該当する移動手段
電車・バス・タクシー・航空機

海外旅行代金に該当するもの
海外航空券・海外ツアー/パッケージツアー

保険適用対象外

 

  • 出国後の決済であること

※保険適用対象に相当する項目をカード決済していても、出国後に決済を行なった場合は保険適用の対象外

【日本円 3,000円+現地通貨0だけどクレジットカードだけ持ってベトナムに行った話】にも渡航の所持金事情を書きましたが、渡航当日の交通費を楽天カード払いにしたのには『利用付帯』を受けるためという理由があったから

成田空港行きのリムジンバス料金を、楽天カード払いにしてクリアです。

 

* 楽天カードの魅力、ポイントをためたら支払いに使えること

一見、何かしらのカード払いをしないと保険が適用されないなら楽天カードは魅力的じゃないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

楽天カードが誇る魅力のひとつとして『ポイントの貯まりやすさ』があります

基本、100円利用ごとに1ポイント貯まり、さらに楽天グループのサービス利用でポイントが2倍/3倍/4倍になる還元率の良さ(各サービス規定による)がうれしいです。

楽天カードを持つ以前にも「楽天会員」であったワタシは、楽天ポイントの使いやすさが助かってました。

 

1ポイント=1円』で利用できる楽天ポイントを楽天市場の買い物に使ったり、楽天ポイントを『カードの支払い』にあてることも可能です。これが地味に、いや確実に助かります。

個人的には、「海外旅行傷害保険のため+普段の生活でもお世話になりやすい」という理由で、楽天カード 、おすすめです。

 

《楽天カード》


ポイントがたまりやすい・たまったポイントを支払いに回せる

オススメ度
持ちやすさ 年会費永年無料
海外傷害保険適用条件 利用付帯
こんな方にピッタリ ・楽天サービスの利用頻度が多く、ポイントをためながら利用したい
・傷害死亡・後遺障害の補償、最高2,000万円が魅力に感じる
・「2枚持ち」で保険の補償を幅広くしたい

詳しくみる

 

 

▼保険付帯のクレジットカードを複数持つメリット

今回紹介しているクレジットカードのうち1枚でも持っていれば対象の補償を受けられますが、カードを複数持つとさらに安心なんです。

[死亡・後遺傷害]以外の補償額は合算が可能となっているから、複数のカード会員であれば万一の時に受けられる補償額が多くなります。

※[死亡・後遺傷害]の補償額は、持っている(適応される)クレジットカードのうち、最も高額な補償が適応となります

 

例えば、ワタシは普段【エポスカード 楽天カードJALカード】を持っているのですが、念のためこの3枚を海外旅行に持って行きます(エポスとJALは自動付帯・楽天は利用付帯なので、それぞれ適用する状況にしておくという意味)。

このうち「JALグローバルクラブカード」には年会費はかかっていますが、普段使いでもマイルがたまりやすいのが魅力。

海外旅行傷害保険の補償額でいうと、[死亡・後遺傷害]の額が1億円と高額のため、万一のときにとても安心(※年会費を払うカード種類のなかで、「5,000万円〜1億円」の補償がスタンダード)。

 

◆手厚い補償が嬉しいJALカード、初年度なら年会費無料で持てる

クレジットカードをなるべく費用をかけずに持ちたい願いがある一方で、サポートにそれなりの厚みが無ければやっぱりウマみはありませんよね。

かれこれ会員になってから10年を越えていますが、広く人気を集めているのが『JALカード』。

顧客満足度評価3年連続1位という驚異のクレジットカードです。

JAL普通カード

JALカードのなかでかかる費用が1番安い【JAL普通カード】でも、
[傷害死亡・後遺障害]の補償を手厚く受けることができます。

  • 入会後1年間は、年会費無料

▼主な補償内容抜粋

  • 傷害死亡:1,000万円
  • 後遺障害:30万〜1,000万円(保険金額の3%〜100%)
  • 救援者費用:100万円

*JAL・JCBカード、JAL・Mastercard、JAL・Visaカード、JALカードSuica、JALカード TOKYU POINT ClubQ、
JALカード OPクレジットの場合

JAL アメリカン・エキスプレス®カードの場合は、傷害死亡:最高3,000万円 
=『カード自動付帯分:1,000万円/カード利用条件分:2,000万円』の合算

しかも、国内旅行傷害補償も『自動付帯』。そして飛行機に乗っていなくても、国内で公共交通乗用具に乗っていた場合にも適用です。

不要になれば初年度中に解約する手もアリですし、とはいえ、2年目以降の会員費も2,160円(JAL アメリカン・エキスプレス®カード:6,480円)。これなら許容範囲と言える方も多いのではないでしょうか。

《JALカード》


JALブランドのカードを1枚持っておけば、自動付帯で保険適用はもちろんマイルもたまる

オススメ度
持ちやすさ 入会から1年間年会費無料/2年目以降は2,160円
*JAL・JCBカード、JAL・Mastercard、JAL・Visaカード、JALカードSuica、JALカード TOKYU POINT ClubQ、JALカード OPクレジットの場合
海外傷害保険適用条件 自動付帯
こんな方にピッタリ ・国内外の飛行機利用で搭乗マイルをためたい
・空港ラウンジの利用、「先得割引」やJAL限定のツアーを利用したい
・*普通カードの付帯保険内容については、こちら

詳しくみる

永年で年会費を払いたくない!』という場合は、【エポスカード 楽天カード】の2枚持ちをするというのもアリでしょう。

 

▼無料加入できる&国内の普段使いで活躍してくれるカード

せっかくなら、日本にいるときもカードのサービスを実感したいですよね。

  • 日常生活で助かるカードを持ちたい
  • 海外旅行はそんなにたくさん行かないから、他のサポートでもメリットを感じたい

 

海外旅行傷害保険が付帯されるカードでありながらも、毎日をなにかとお得にしてくれるクレジットカードをご紹介します。

 

◆イオンSuicaカード

イオン系列のスーパー、Suicaのチャージ、駅ナカ「NewDays」などを普段からよく利用する場合には特におすすめの『イオンSuicaカード』。

  • 年会費無料
  • 自動付帯 

▼主な補償内容(抜粋)

  • 傷害治療費用:50万円
  • 疾病治療費用:50万円
  • 傷害死亡・後遺障害:500万円

先に紹介したブランドと比較すると補償額は少々見劣りしますが、イオンSuicaカードならではのサービスは個性的。

普段使いでハマるひとにはハマるタイプのカードなので、複数枚所持のメリット&保険自動付帯のメリットを受けるための1枚として選択肢に入れてみてください。

*ときめきポイントがたまる

「ときめきポイント」とは、イオンカードの利用でたまるポイントの名称です。

▼イオングループの対象店舗なら、いつでもポイント2倍

全国のイオン・イオンモール・ダイエー・マックスバリュなど、イオングループの対象店舗での利用であれば200円(税込)ごとに2ポイント獲得

*そのほか、主な対象店舗はこちら
*対象店舗以外の加盟店・VISA/JCB/Mastercardの加盟店では、200円(税込)ごとに1ポイント

 

*たまった「ときめきポイント」を、Suica(電子マネー)に交換

さすがはSuicaの名を持つイオンカード。「ときめきポイント」をSuica(電子マネー)に交換・チャージするには、この『イオンSuicaカード』会員のみ。

  • ときめきポイント1,000ポイント → Suica1,000円分
  • チャージ単位は、1,000ポイント単位
*所定の交換受付をして、Suicaにチャージをする流れになります。

*詳しいポイント移行方法は、こちら

 

*国内旅行傷害保険も自動付帯

海外旅行傷害保険だけでなく、「改札を入ってから出るまで」をワイドに補償する『国内旅行傷害保険』自動付帯

”改札を入って”のフレーズ、さすがはSuicaの名がつくカードです。

◆国内旅行傷害保険は、『利用付帯』

イオンSuicaカードできっぷや旅行商品を購入すれば、”改札を入ってから出るまで”が補償対象

 

▼主な補償内容(抜粋)

  • 入院費用:3,000円/日
  • 通院費用:2,000円/日
  • 傷害死亡・後遺障害:1,000万円
国内旅行によく行く方や『他のクレジットカードで手厚い補償をある程度確保しているから2枚目を選びたいな』という場合に、選択肢として1つおさえておくと良いですよ。

《イオンSuicaカード》

イオンクレジットカード
イオン系列のお買い物・Suicaの利用が多いあなたに、毎日にお得&旅行で安心

オススメ度
持ちやすさ 年会費永年無料
海外傷害保険適用条件 自動付帯
こんな方にピッタリ ・国内外の旅行で幅広く補償を受けたい
・保険の補償額は少なめでも、通勤や家計をちゃんと支える旨味がほしい

詳しくみる

 

▼補償内容比較一覧

  年会費 適用条件 主な補償内容 注目の特典
エポスカード 無料 自動付帯 ・傷害治療:200万円
・疾病治療:270万円
・傷害死亡・後遺障害:最高500万円
・携行品損害[免責3,000円]:20万円
・提携店舗での割引や無料サービス
・舞台、イベント優待
・ポイントを商品券や他社ポイント、電子マネーに交換
楽天カード 無料 利用付帯 ・傷害治療:200万円
・疾病治療:200万円
・傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
・携行品損害[免責3,000円]:20万円
・100円ごとに1ポイント
・楽天グループのサービス利用でポイントが2倍〜たまる
・楽天ポイントを支払いにあてられる
JALカード
(普通カード)
1年目無料 自動付帯 ・傷害死亡:1,000万円
・後遺障害:30万〜1,000万円(保険金額の3%〜100%)
・救援者費用:100万円
※傷害/疾病治療への補償はCLUB-Aカード以上
・毎日のお買い物でマイルがたまる
・入会搭乗ボーナス:1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス
:1,000マイル
イオンSuicaカード 無料 自動付帯 ・傷害治療:50万円
・疾病治療:50万円
・傷害死亡・後遺障害:500万円
 ・イオングループの対象店舗でポイント2倍
・ポイントをSuica(電子マネー)に交換&チャージ可能

 

海外旅行前にバタバタ保険加入の手続きをするのは時間ももったいないし、なにより余計な費用が出てしまう。

保険に加入できるクレジットカードを、最低1枚〜2枚は持っておくと安心!賢く旅を楽しみましょう。

 

ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 週半分はオフィスワーカー/もう半分はwebライター&フードディレクターとして活動中。 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修 ◆外部サイト[LIVING HEALTHY] ▶︎https://www.slowjuicer-livinghealthy.com/
国内旅行の宿泊ホテルをお得に

世界中200万件以上のお部屋が見られる『agoda:アゴダ』なら、お得なクーポンも使えて、さらに「70%OFF」といった安値がボンボン見つかる。

リアルな口コミで宿泊した人にしか分からない情報をチェックできるのはもちろん、人気の周辺スポットまでの距離&ルートもひと目で見やすいサイトづくりが魅力。空室状況や施設設備も一覧表示されているから、「急な予約」にも安心して閲覧できる気配りがGOOD。

agodaでホテルをお得にさがす