ベトナム

【深い苦味&練乳でコク深い・ベトナムコーヒーの魅力】:マクドナルドも「ワールドコーヒーツアー3」を2月5日からスタート

ベトナムコーヒー、苦くって甘くってハマるんですこれがっ。

ベトナムで親しまれるコーヒー、その名も【ベトナムコーヒー】

THE・ベトナムコーヒーとして思い浮かべられるのは、濃く苦味のある「ロブスタ種のコーヒー」と、甘みの強い練乳のコンビネーション

ベトナムはコーヒー大国かつカフェ天国・・・!

そんなベトナムコーヒーの魅力をきっと広めてくれるであろう動きが、2020年2月5日(水)より、マクドナルドさんから「ワールドコーヒーツアー3」と銘打って始まります。

マックで飲める「ベトナムコーヒー風練乳アメリカーノ」をもっと楽しむために、そしてベトナムコーヒーとは何ぞや??と知るために、現地で有名なコーヒーショップ【ハイランズコーヒー】で飲んだベトナムコーヒーをご紹介しましょう!

【ハイランズコーヒー/HIGHLANDS COFFEE】ホーチミンの高島屋店に潜入

ホーチミンにある高島屋、そのなかにハイランズコーヒーが入っているということで潜入。

ちょうど滞在しているホテルからも近かったので朝のおさんぽついでにGO。

見たことあるコーヒー抽出器具が広告にもデカデカと!(カタコト)

ベトナムコーヒーのベーシックは、ベトナム独自のコーヒーフィルターで抽出して淹れるスタイル。

お店のスーベニアにもどーんと置いてありました、これです。

このフィルターは【カフェ・フィン】とよばれ、元をたどるとフランスの文化がみえてきます。

ベトナムはフランスの植民地だった歴史があり、そのころの名残でコーヒーフィルターも金属製のこのスタイルになったんだとか

▼ゆっくりじっくり、時間をかけて抽出するロブスタ種の苦味が決め手

日本のカフェや ”おしゃれどころ” で飲まれるメジャー品種は「アラビカ種」の豆が圧倒的に多いけれど、生産するにあたって気候条件が限られていて割高で流通している。

対して、

ベトナムでよく飲まれている豆は、「ロブスタ種」

ベトナムコーヒーは、しっかり苦くてしっかり甘い。

「ロブスタ種」は育てやすく、大量生産に向いているので安価。

ただ、苦味とクセがつよいのが特徴で、そのぶんしっかりとローストして長時間かけて抽出するスタイルで飲まれるというわけ。

だから、味が濃くてしっかりした味わいに

▼ローストした豆は、バターで風味づけ

ロブスタ種独特の匂いや苦味を抑えるために、焙煎のあとにはなんとバターで風味づけ。

ベトナムコーヒーを飲んだ時の、なんともいえないコクはこのひと手間のおかげ。

ほかにも、苦味のあるコーヒーを美味しく飲むために工夫をこらしたアレンジが楽しいのもベトナムコーヒーのおもしろさ。

コーヒーにミックスして飲まれるラインナップはこんな感じ。

  • 練乳
  • たっぷりの砂糖とシロップ
  • マーガリン
  • ヨーグルト

卵!?と驚いちゃいますが、エスプーマしてクリーミーに泡だてられたまるでカスタードのような優しい甘みが美味しいコーヒー。

そもそもベトナムコーヒーに練乳が使われたのも、牛乳が高価であったための代用だったからなんですが、同じように牛乳の代わりに卵とコンデンスミルクで甘みとまろやかさを足したのがはじまりなんだとか。

日本では、横浜にある【カフェジャン】で飲むことができます。こちらはベトナム・ハノイに本店を構える「エッグコーヒー発祥のお店」です。

定番の「カフェスダー」:練乳のこってりした甘さが、ロブスタ種の濃いコーヒーに合う

練乳の層とコーヒーの層がきれい!

普段スターバックスやタリーズで繊細なコーヒーを飲み慣れている人(味はもとい、こだわりまくって豆を選んでいる場合)には「なんだこの甘いコーヒードリンクこれは…!」と驚かれるかもしれませんが、

決して安っぽい味ではなくちゃんとコクがあってワタシは相当気に入りました。

▼コーヒーバッグでおさんぽもたのしい

この持ち歩き用のバッグ、これも気に入ってしまい。

日本でもいろいろ凝ったtogoバッグを見かけますが、これ、シンプルが故に使いやすくて気に入ってしまった。

ベトナムは日差しも強くて暑いので、氷も入ってしっかりと甘いベトナムコーヒーは街歩きにもぴったりですね。

ビールにもコーヒーにも、氷をたくさん入れて飲むのがベトナムっぽくてイイ。

マクドナルドで販売される「ベトナムコーヒー風 練乳アメリカーノ」も、定番カフェスダーの味を模しているので、ぜひベトナムコーヒーの雰囲気を試してみたいと思ったらまずはマックに行ってみるのもありかも。

▼マクドナルド公式:ホームページはこちら

ほっとする味わいの「ベトナムコーヒー風 練乳アメリカーノ」が期間限定で登場!
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/world_coffee_tour

ABOUT ME
ikiiki
ikiiki
都内を主な活動拠点とし、 週半分はオフィスワーカー/もう半分はwebライター&フードディレクターとして活動中。 【主な経歴】 ◆民放キー局にて、グラフィックデザインアシスタント ◆テレビ・映画・音楽現場でのケータリング事業 ◆ケータリングと平行して、都内飲食店でメニュー監修
ベトナムの宿泊ホテルをお得に

世界中200万件以上のお部屋が見られる『agoda:アゴダ』なら、お得なクーポンも使えて、さらに「70%OFF」といった安値がボンボン見つかる。

リアルな口コミで宿泊した人にしか分からない情報をチェックできるのはもちろん、人気の周辺スポットまでの距離&ルートもひと目で見やすいサイトづくりが魅力。空室状況や施設設備も一覧表示されているから、「急な予約」にも安心して閲覧できる気配りがGOOD。

agodaでホテルをお得にさがす